兎屋紙バンド:のフェイスブック

個人情報をある程度オープンにする事で他のSNSとの差別化を図っているフェイスブック。私は仲間との連絡用として使う事に留めていましたが、(兎屋紙バンド=営業用)として使い始めると連絡用だけにとどめるのが難しくなり始めました。

ならばもう一つFBを持てばいいのだろうけど、それはそれで面倒です。そこでこの際、「兎屋紙バンド」のフェイスブックでも友達申請をお願いしたり、お受けしたりする事にしました。

但し、友達申請をし、フェイスブックでつながるという事はいろいろ個人情報が見えるので、慎重にしたいと考えていますのでご了解ください。(注 兎屋佐野の個人ページも見えるようになるので、見たくない方は友達にならない方が良いと思います)

お店用やグループで運営するフェイスブックの場合は情報が元々オープンなので良いのかなと考えています。しかし個人用のをベースにしたお店用、グループ用のフェイスブックは友達になると、個人用の中身が見えるので「それはちょっと・・・・」と思う方は控えた方がいいでしょう。

もし、友達申請後、やっぱり辞めたいと思う場合は兎屋に断る必要はありません。ご自由に友達を辞める作業を行って下されば良いと思います。兎屋も同じように考えます。あくまでツールとしてのフェイスブックです。上手にフェイスブックを使いながら(試しながら)やって行ければと考えています。

コメントは受け付けていません。