極細紙バンドのお客様へ

紙バンド手芸の新素材「極細紙バンド」をお買い上げ下さっているお客様にお知らせです。

極細紙バンドの品質に良くない箇所があるとの事でご指摘を頂き、兎屋でも確認作業をしていましたが、加工段階原因の不具合であるとの認識を持ちましたので、もしお買い上げの「極細紙バンド」に

  • 割け部分が長く続く
  • 糸の重なりが見られる(6本→5本に見える)
  • 糊が固着し巾が急に狭くなっている

等の箇所が見られました、お手数ではございますが、ぜひとも兎屋へご連絡頂けますよう、お願い申し上げます。直ちに補填いたします。
【兎屋連絡先】
055-943-6682
inquiry@paper-band.jp

【対策】

  • メーカーと打ち合せを行い、不良個所情報を共有しました。
  • 作業を確実に行うためのマシン改造は既に行いました。
  • 作業環境を整える事を確認しました。
  • メーカー及び兎屋での出荷時検品を丁寧に行います。

兎屋/佐野

手芸用紙バンドに対する考え方

 ~品質の為に~

兎屋の手芸用紙バンド商品の企画・製造(委託)に対する基本的な考え方は
   原紙優先>加工安定=品質向上です。

手芸用紙バンドを作る為に必要な、製紙会社や紙加工会社との信頼関係を密に築く事で、品質の安定と向上を実現しています。

兎屋はこれからも、紙バンド手芸材料の専門ショップとして、品質の更なる向上は元より、新しい手芸用紙バンドの開発にチャレンジ致します。

snap button project

兎屋がお付き合いさせて頂いているデザイナーさん達、ありがたい事に人数的にかなり多いです。それは私が兎屋を始めた頃から思っていた(デザイナーと発注者の間には意思疎通を阻む広い川が流れている)と言う脱力感から、これではイカン!と思い直し、それならこちらからアタックし、個人的にデザイナー友達をドンドン作って行こうと思ったからです。デザイナーと私の価値観を合わせて行く作業をしつこく繰り返す事で、何かが起こる気がしたのです。勉強にもなりますからね!

実はこの考え方には前段が有り、30歳代の製紙会社社員時代に痛感した一場面(製紙会社と紙の注文者の間には意思の疎通を阻む広い川が流れている)と感じた事から来ています。まぁこっちの考え方が、脱サラ独立後に創業した「兎屋」の紙バンド企画・製造の基本思考を形作り、「原紙優先>加工安定=品質向上」につながっているのです。

そんな中、デザイナー仲間のH君が、数年前兎屋の紙バンドを見て閃いたのか?何やらはじめていました・・・・・なんとなくあぁやってるなぁと見ていましたが、去年頃から具体的になり始めていました。そして一区切り!来月、東京ビッグサイトで開催される「ギフトショー」に出展する事になりました。あぁ長かった・・・・・

H君のデザインした商品は(・・・・・紙バンドを使って考案したパズル・・・・・)で今の所、知育玩具の範疇です。という事で、兎屋店主の佐野はH君の為に、紙バンド説明要員として4日間フル参加しています。

2018 ACTIVE CREATORS 9/4(火)~9/7(金)東京ビッグサイト東7

新商品準備中

兎屋ホームページの下の方の「手芸用紙バンドに対する考え方」に ~兎屋の歩み~ があり、毎年兎屋が取り組んで来た事をちいさく並べています。この場所には紙バンド手芸材料専門店として、お客さんの為に常にチャレンジすべき!という思いが込められています。これは兎屋(店主)に対する戒めの意味と少しの励みでもあります。その歩みの2018年の所に、・・・・・8月中旬、全く新しいカタチの手芸用紙バンドの商品化・・・・と入れています。


【兎屋の歩み】
2001年 小ロット抄造の原紙メーカー(愛媛県)に紙バンド原紙抄造相談
2002年 神奈川県藤沢市で兎屋開業・兎屋紙バンド製造の加工会社(愛媛県)との取組開始
2003年 兎屋コレクションカラー紙バンドを愛媛県で試作と商品化
(略)
2016年 顔料墨流し手芸用紙バンド(愛媛県産)の商品化
2017年 兎屋コレクションカラーの品質更に向上と工場見学会
2018年 8月中旬、全く新しいカタチの手芸用紙バンドの商品化

商品販売の準備は出来ていますが、あと少しだけお待ちください。今までの紙バンド付加価値商品とは全く違う商品となっています。 😀

紙バンド手芸教室情報募集中です。

兎屋HP内に「紙バンド手芸教室・講習会探しのヒント情報」というページを作ろうしています。8年ほど前にも、教室・講習会情報を集めて公開していた事があり、専用ブログを立ち上げ、頂いた情報を細かく書いていましたが、教室・講習会の性質なのか?定期教室以外の情報はなかなか更新が出来ずにいた為、複雑になり止めたいきさつがありました。

しかし今でも兎屋へ「教室・講習会情報が欲しいのですが」というお問い合わせが多く、さて困ったなぁ・・・・と思っていました。ところがある方から、教室・講習会の場所と連絡先がわかればそれでいいのではないですか?と教えられ、それなら出来るかもと思ったわけです。と言う事で

紙バンド手芸教室の開催出張講習会の募集を行っている方へ
紙バンド手芸教室を探したり、講習会を依頼するヒント情報を掲載しています。
掲載して頂ける方は兎屋/佐野までメールかお電話でご連絡下さい。掲載する情報としては

①教室・講習会名(HP・ブログ・FBへのリンクは可能です)
②教室開催場所の市町村:(場所が複数の場合はそれぞれ掲載します)
③連絡先(固定電話・携帯電話・メールアドレスなど複数可です)
④講師名、特になければ施設名・店舗名でも結構です(ニックネーム可)
⑤一言ご案内での簡単なアピールも出来ます(字数としては30文字位まで)
までとし、詳しい講習内容情報や、都度の変更はプライバシーなども考慮し掲載しないように致します。

紙バンド手芸の定期教室や出張講習会の募集をされている方で、兎屋のHPの「紙バンド手芸の教室や講習会」ページに情報を掲載して頂ける方は、どうぞ兎屋佐野までご連絡下さい。よろしくお願い致します。

 

卸販売のご案内

「兎屋紙バンド製品」卸販売のご案内です。
以前から兎屋では、手芸用紙バンドの卸販売も行っています。

Topic160106

多少の条件は御座いますが、興味のある方は兎屋HPの「卸販売のご案内」ページをご覧ください。

販売店リスト

まだ少ないですが、兎屋の紙バンドを直接お買い求め出来るお店の情報を掲載しています。

兎屋ホームページ表紙の右上の「販売店リスト」をクリックして下さい。

Topic151007

兎屋再スタートです。

1月1日より兎屋紙バンドのショッピングカートと アマゾンがスタート(復活)しました。もちろん、電話・ファックスなどでのご注文も承っています。まだ少ない色からの再出発ですが、必ず満足に行くショップになるように致します。

※ショッピングカート・アマゾンでの販売は「兎屋紙バンド」みの販売となります。

※兎屋ショッピングカートは → こちらをクリック!

※兎屋アマゾン通信販売は → こちらをクリック!


※四国の製紙会社(2社)・四国の紙バンド加工会社・四国の紙代理店の協力で春ごろには、お求め易い価格帯のカラー紙バンドをご案内出来るようにしています。