リースの土台の作り方の参考になればと思います。
出来上がり寸法は、外径14cm,内径7cm,太さ径3.5cm
で説明しています。

①6本どり26cm×1本 5本どり13.5cm×16本  あみひもは2本どり2m×8本 とします。あみひもはつなげながら編んで下さい。
②6本どり26cm×1本を2cmのノリシロ(重ねて)としてボンドで接着し、輪とします。
③5本どり13.5cm×16本を1.5cmのノリシロ(重ねて)として接着し、輪とします。
④大きい輪に小さい輪を接着します。
⑤小さい輪を対角線上に接着します。
⑥小さい輪の数は必ず偶数個です。
⑦2本どりのあみひもを小さい輪の内側に貼る。貼る箇所は自由ですが、隣同士の小さい輪に貼って下さい。
⑧編んで行く途中であみひもが足らなくなりましたらつないで下さい。

※バランスよく編むのにちょっとコツが必要ですが、3個ほど同じ物をお作りになれば必ず上達しますので、練習して下さい。
※大きい輪の寸法はリース内径を、小さい輪の寸法はリースの太さを決定します、これらを変更する事で大きさを変えられます。
※輪の内径が大きくなると、小さい輪の個数が増えますが、増えすぎると編むのに苦労します。
※大きさと個数の関係は有る程度経験と個人差によります。
※追いかけあみで編むので、小さい輪の数は必ず偶数にしてください。