手芸用紙バンドには「同名色違い問題」があります。

これは悩ましい問題です。カラー原紙を発注し、抄造ロット毎に抄いて貰う色紙の色が違うのは、基本アタリマエ・・・・・だからです。

ロット毎の色違いを完全に無くす事は出来ませんが、色のズレを減らす方法は幾つかあります。一番手っ取り早い方法は、発注する紙のロット数量を増やす事です。この方法なら同条件で一度に沢山の紙を抄く事が出来るので、その紙で作られた大量の紙バンドが有る限り、お客さんには同じ色で販売出来る(期間)が長くなります。しかし、沢山の色種類を揃えて商売をする立場からすると、1色あたりの抄造ロットを少なくしたいのが人情だし、経済的です。

でも、お客さんからすると、去年購入した紙バンドと同じ色を注文したハズなのに「?同じ色名なのに?アレレ 色が違う」のはショックですし、返品を受け付けてくれない時は更に落ち込みますよね。「同名色違い問題」の原因は紙の色が違うのが根本理由です。注1 しかしこじれる理由は、お店の対応だと思います。

注1 但し、店頭に長く並べられている手芸用紙バンドの外巻きやフチが蛍光灯などの光によって変色=褪色するのは、原紙の色違いではないです。

発注した紙の色違い程度を調べもせず、そのまま漫然と紙バンドにしているから「色違い問題」が発生するのです。これは紙バンド加工会社や販売者の姿勢です。色違いの根本は製紙会社のせいかも知れませんが、そこは確認すべき重要な所です。ならばどうすれば「同名色違い問題」を少なく出来るか・・・・・

【製紙会社へ】
①製紙会社担当者に色決め作業の管理徹底をお願いする。
②抄造後の抄き見本をすぐに送って貰い確認する。

【紙バンド加工会社と販売店】
③お客さんの混乱を減らす為には、色が著しく違っていたら色名を変えるべき。④多少の色違いでも、前回ロットとの色違いを説明しておく。
⑤お客さんの希望があれば返品・交換に応じる。
(!)ここに挙げた項目はすべて紙バンド販売側のやるべき事だという事です。

以上「同名色違い問題」の根本解決では有りませんが、お客さんのショックは和らげられるはずです。色紙は色管理がとても難しいのです。しかし、夫々が出来る事を、労を厭わず積極的に行う事で、カラーの多彩さが魅力である紙バンド手芸の楽しさを保つことが出来ると信じています。