私が紙バンドの事を話す時は今は昔で始まる勢いです。これは長く紙の仕事に関わって来た誇りです。そして今では日本生まれの紙製梱包材料が、カラフルな手芸用品としてどんどん広まっているのですから。

平成のひとつ前、昭和27~28年頃に梱包材料として発明されたクラフト紙バンドが、平成12~13年頃に手芸用途として考えられる様になると、カラー原紙を使ったカラー紙バンドが出現しました。

しかしその頃に見た紙バンドは単純な基本色しかありませんでした。その後の手芸用紙バンドの歩みは多岐に渡り、兎屋の場合は大体下記の通りです。

  1. カラー紙バンド(クラフト紙バンド以外にカラフルなカラー紙バンドが出現)
  2. カラー紙バンド(中間色のカラー紙バンドは今でも増え続けています)
  3. コレクションカラー紙バンド(原紙にこだわり加工精度を上げた兎屋の高品質紙バンド)
  4. ストライプ紙バンド(違う色の糸を12本並べる事でストライプ模様が出来ました)
  5. マーブル紙バンド(あらかじめ紙に特殊印刷を施し模様を付ける方法です)
  6. 強力カラー紙バンド(工業用クラフト紙バンドの規格に準じた太糸のカラー紙バンド)
  7. エルくらふと(あま撚りの太糸を使った自然風合いの紙バンド、今は廃番です)
  8. 顔料墨流し紙バンド(顔料染めで色落ちしない手芸用紙バンド)
  9. 軽量カラー紙バンド(柔かく手に優しいカラー紙バンド:試作品配布済です)
  10. 極細紙バンド(極細紙バンドは従来の紙バンドとは全く違う発想です)
  11. ゴクボソ/カスリ染め(色紙とカスリ染めの組み合わせで味わい深い紙バンドになりました)
  12. 高付加価値極細紙バンド(極細紙バンドは進化を続けます。お楽しみに)
  13. 高付加価値コレクションカラー紙バンド(付加価値品のコレクションカラー紙バンドです)

極細紙バンド/カスリ染めのテーマは『糸まで染める紙バンド』です。糸を染める事できれいな色や深みのある色、自然モチーフのアース模様を自由に表現出来ます。極細紙バンド加工はとても難しく、一般な紙バンド製造に使用するカラー原紙では困難です。