兎屋紙バンドのメインブランド「兎屋コレクションカラー」紙バンドは愛媛県四国中央市のM社で作っています。もう18年近いお付き合いです。

M社の事は、30代頃勤めていた静岡県富士宮市の製紙会社社員の時代になんとなく知っていましたが「紙バンド加工はもうやっていないんじゃない?」と言う方もいました。しかし、兎屋を営んで行く為にはM社との取引が必要と考え、20代の頃に勤めていた愛媛県四国中央市の紙代理店の仲間に動いて貰い、M社のT社長に面談をして貰ったのが2002年の秋、以来18年のお付き合いです。もし、M社が紙バンド加工事業から撤退していたら兎屋はやめる積りでした。

M社の主たる事業は紙加工で、しかもほとんど精密な紙加工です。その為当然紙バンド事業は二次的な扱いでした。しかし2~3年過ぎた頃からT社長の気持ちに変化が有ったのか?紙バンド事業について真剣に取り組もうとおっしゃって頂き、同時期に工場責任者として入って来たMさんと言う方がすごい方で、見る見る紙バンド工場の雰囲気が変わり始めたのです。


この春もまた、兎屋コレクションカラーの製造が始まります。

そして、今では「兎屋」がなにも頼んで居ないにも関わらず、T社長とMさんは毎年の紙バンド事業方針を具体的に立て、私に「今年はこうするよ」などと言うようになりました。

そこで私が心配したのは、十数年培って来た信頼が過去と同じ付き合いでは保てないと思った事です。なのである時の酒席でT社長に宣言しました「もう工場内には入らない事にします」

十数年、普通に工場内に出入りし、一緒に手芸用紙バンドの品質向上に取り組んで来ましたが、M社が新しい事をどんどん始めて行くと、M社の企業努力を(見る)場面が多くなるのです。これはヤバい!信頼は貰っていても、やはりどこかで疑念が生じる事は(ある!)ならば、もう工場に入らない方が良いとの判断でした。そして(先に宣言)する事が大事。

私の宣言に対して、T社長の即返事「そうしてくれる。いつか言おうと思っていたんですよ」あぁ先に宣言して置いてよかった!!!という事で3年ぐらい前から私はM社の工場に入った事はありません。しかしこの3年間でM社による「兎屋コレクションカラー」の品質がすごく上がったという事です。そしてまだまだM社の腕は上がると予想しています。これは簡単な予想です。