紙バンド手芸材料としての「紙バンド」をどのように展開して行くか?毎日悩みもだえるのが兎屋の仕事と思っています(笑)もう14年ほぼ毎日この状態です(爆)マジです。

一番大事な事は品質向上と安定ですが、色の充実も図らなければお客さんは楽しくありません。高品質と沢山の色が実現して、やっとお客さんに認められるのでしょう。と言う事で2色増えました!「うすざくら」色と「らっかせい」色です。


兎コレの「さくら」よりも薄い色、だから「うすざくら」なのです。単純です(笑)

うすざくら色が人気なのはわかっていました。しかし、兎屋には一度にアレコレ色を作る力が無いので、少しづつ少しづつ増やして行く方向でやっと作れたのです。秋には季節外れのイメージですが、そこは色の組み合わせでお願いします。春にはバッチリ合う色です。


落花生と言っても品種は様々、と言う事で平均的なピーナッツの色を目指しました。

らっかせい色は兎屋がまだ神奈川県藤沢市で営業していた頃に作った色です。まぁあまり売れる色では無かったのですが、個人的に好きな色なのでした。なぜ好きなのか????このところ毎朝トーストにピーナッツバターを塗っています。因みに、この色、くらふと色に似ていると思われるかも知れませんが、並べて見ると全く違います。