この春(2017)発売の兎屋コレクションカラー「せいじ」が人気色となっています。色がきれいに出ています。でもこれは偶然でたまたま良い色になったのです。色とはそんなものだと思っています。

新色を作る場合、製紙メーカーに色見本を提示し、手漉きサンプルを作って貰い、確認。気に食わなければまたサンプル提示をお願いし、再度確認。これを何度か繰り返しているうちに、ピタリ?と合う時もあるし、妥協する場合もあります。まぁ後者が多いです。そして実機で抄造された紙を紙バンドに加工するのですが、ここで色の印象が大きく変わります。変わりにくい色もありますが込み入った中間色はまず変わります。イメージから作るカラー紙バンドは、色の再現が難しいのです。


でも色は大事。偶然の良い色を出すには作り続けるしかないと思っています。

しかし、色じゃないところ・・・紙製品たる紙バンド素材の品質向上については、会社の方向性、工場の雰囲気、関わる人達の努力と工夫、そしてある程度の誇りと楽天性でかなりコントロール出来るのだという事に気が付いてもいます。

「せいじ」の色が良いから人気が出たのか?だとしたら不真面目な100円ショップの紙バンドで、「せいじ」と全く同じ色が有れば人気なのか????でも幾人かの方は、兎屋の「せいじ」色の品質も見てくれるのではないか?と思っています。色だけではなく、紙バンド素材の表情、作る時の気持ちよさ、完成品の手に吸い付くような手触り、それらを総合して「せいじ」が良いね!とおっしゃってくれている、と思うようにしています・・・そうありたい・・・


せいじ色の原紙/高知県産 紙にうっすら線が見えますが、これは製紙マシンの毛布模様です。紙バンドの品質には関係ありませんのでご安心を

実はこの「せいじ」兎屋コレクションカラーの中でも過去最高の出来栄えだと思っています。愛媛県の紙加工会社さんの技術がグンと上がった事が大きいのですが、その厳しい加工条件に耐えられる強靭な高知県産原紙の出現も大いに寄与しています。兎屋コレクションカラーの価格は高いですがちゃんと意味があるのです。

「せいじ」の紙バンド加工が終了した後の事ですが、何度も紙加工会社の工場責任者の方から電話を頂いていました。いつもの事で兎屋のお客さんの反応が気になるのです。これは責任感です。しかし「せいじ」の時は違いました。その時その方がおっしゃった言葉。

「佐野さん いいでしょう」

長い間兎屋紙バンドの品質向上に取り組んで下さった方だけに響きました。沢山失敗しましたからねぇ・・・・・・

私の机右側一番上の引出しには、兎屋創業時に販売していた紙バンド(クリーム色)の小巻があります。時々手に取って眺めています。その紙バンドは2004年頃の兎屋紙バンドで、製造は今もお世話になっている愛媛県の紙加工会社さんです。作って頂いたのに言うのも何ですが、今のレベルから見ると笑っちゃう位の低レベル紙バンドです。使用していたのは今は廃業している愛媛県の製紙会社の紙でした。


兎屋2017年春の新色は せいじ(青磁色)です。最近青系を追いかけていますが、兎屋が青を作るとこうなるという典型的な渋い青色です。

一方、今回新色で仕上がって来た せいじ(青磁色)紙バンドは品質に厳しい工場担当役員さんが「今回は良いですよ」と言って来た位の品質で、さっそく私と家内とで小巻加工をしながら品質を見ていますが、おっしゃる通り過去最高の出来栄えかも知れません。(過去最高とは現時点の事を言うので、これからもっと品質が上がれば、次が過去最高かもしれません)

試に、2004年の紙バンドを出して見ました。この紙バンドを手に取る度に、今から13年前(まだ高知県の事も知らない神奈川県時代)の手探り時代の事が蘇ります。でもあの頃はこれで普通に販売していました。今から思うと恥ずかしい・・・・・・


写真に撮るとあまり違いが見えませんが、現物を並べるだけでモノの印象が違いますし、手に取ると2004年のはガサガサしています。一方、2017年のはしっとりハリと弾力性が感じられます。


この せいじ(青磁色)は他の色との相性がとてもいいです。落ち着いた色を差し色にすると特に合うかもです。渋い色は渋い色と合うのかも?

兎屋は2002年創業時から2017年の現在も、そしてこの先もたぶん小さな専門ショップとして営んで行くでしょう。2004年頃の兎屋紙バンドからは相当な品質UPをしていますが、創業事に思った(紙バンドマニア1%erさんの為の品質UP)の気持ちは変わってはいません。これも高知県の奇跡の製紙会社さんと、何より品質にこだわる紙加工会社さんの社長さんの気質と社風、そこで働く方の意識の高さがなせる業だと感謝しています。

それにしても今回の兎屋紙バンドはどれも良く出来ています。ハリと弾力性のある紙バンドで作品作りに挑戦しては如何でしょうか?