昨夏、紙バンド手芸愛好家さん達に向けて兎屋がご提供した新商品「極細紙バンド/単色」に続き、予ねて準備中だった「極細紙バンド/カスリ染め」を1/25から発売します。

この商品は、昨年8月に最初に発売した「極細紙バンド/単色」の付加価値商品、つまりバージョンアップです。単色カラーは基本商材として必要だという事で、取りあえず9色作って販売していますし、今後もいくつか色は増やす積りです。

しかし、兎屋としては「単色」よりも「カスリ染め」メインで進んでいました。それは3年前、極細紙バンドを作ろう!の時に、すでに目に入っていたのです。紙加工会社さんの様々な加工サンプル品の中に・・・カスリ的なのがね。

先ずは「単色」!まずは「単色」!と言い聞かせながらも、気持ちはずっと「カスリ染め」でした。極細紙バンドを発売するまで3年も掛かっていたので、必ず「極細紙バンド/カスリ染め」を作って世に出すぞ!という思いは強烈で、同時に極細紙バンドのメインは「カスリ染め」だなぁ~と思うようにもなっていました。

 

極細紙バンドは現物をご覧になると容易に想像が付くと思いますが、加工がとても厄介な代物です。それを加工会社の社長さん以下現場の方達までが一丸となって取り組んで下さっています。でないと出来なかった手芸材料です。

長く紙業界で仕事をさせて貰いながら思う事は、品質の決め手は①使用する原紙の優劣を基本にしながらも、②それを加工する工場の力だと思っています。そして工場の力とは会社そのものだという事です。極細紙バンドを眺めていると、紙加工会社さんで働かれている人達や景色が浮かんで来ます。

さて!この「極細紙バンド/カスリ染め」ですが、カラーは「○くるみ、○オーク、○しらかば」の3色でスタートしました。しかしこれで終わるわけはありません。色とカスリ染の組み合わせは無限です。どうぞご期待下さい。

トピックス記事「ゴクボソ カスリ染め準備中」に加えて兎屋書庫(ブログ)でもご案内です。こちらでは兎屋でアップしているインスタ画像を貼り付けての情報です。

2019年1月下旬か2月上旬に発売準備中の「極細紙バンド」は極細紙バンドの付加価値品として自然風合いの「カスリ染め」を施した極細紙バンドシリーズです。

極細紙バンドは、本来別目的で使われていた加工技術に目をつけ!強靭な高知県産の原紙を使う事で、手芸用にグレードアップしています。技術用途の主流が「カスリ染め」だった事もあり、腕の見せ所になっていて、加工屋さんも張り切っています!

長さは単色で提供していた50m巻ではなく、今回からはお求め易くするために、30m巻での販売を考えていて、別途小巻として10m巻・5m巻もご案内する積りです。どうぞお楽しみに・・・・・

※今後極細紙バンドの長さは30m巻を主流とする積りです。