兎屋コレクションカラー/愛媛県産の「あい」が2016年春の紙バンド製造で復活しました。この「あい」も兎屋創業時からの色で、2004年登場以来の飽きの来ない色となっています。

兎屋定番の初心者カゴ:ミニかごリボンの藍と白バージョン。このカゴのレシピは兎屋HPで公開しています。

※ 兎屋フリーレシピのページへ


「あい」単色のシンプルなカゴには白い大きめのかすれた星が合うのです。
兎屋が「あい」色を作った動機は・・・・・紙バンド手芸始まりの頃、なぜかアメリカンカントリー系の作品が多かったのです。カントリー系に近い紙バンドの色といえば、当時「赤」色か「紺」色しかありませんでした。

そこでもっと寂れ感のあるカントリー色系の手芸用紙バンドを提供したいと考え「赤ぶどう」と「あい」を作ったのです。「赤ぶどう」は元々好きだった色でしたが、「あい」は「赤ぶどう」に合うカントリー色という事でした。お蔭さまで「あい」は ☆寂れたアメリカンカントリー☆ にピッタリの色となりました。

辻堂時代の仲間に作って貰ったカントリー系雑貨風の紙バンドカゴ


ステンシルの星がアメリカ感を出しています。
今回、2002~3年頃のカントリー系作品の古い写真をパソコンの底の方から探し出し、写真添付して置きました。作品は兎屋で作ったり、仲間の方に作って貰ったりしたものです。

!実は手書きの「星」もさびれた感があっていい感じです。

「あい」がなかなかいい感じです。特に「あい」単色の大きい白星カゴは、カントリー雑貨店に飾ってあった木製カゴをヒントに作ったもので、取手は紙バンドを何枚も重ねて「木」のようにカチカチにし、木ねじで取手と本体をつなぐ事でカントリー感を出していました。そして大きな白星はあり合せの材料でステンシルをしています。

「あい」は日本的な色でもありますが、作品カテゴリーを問わない色とも言えますね。

兎屋のホームページではフリー(無料)レシピをいくつか公開しています。その中で兎屋にとって思い出深いレシピがあります。それは #305「ミニカゴリボン」です。これはまだ兎屋が神奈川県藤沢市辻堂でスタートして間もない2003年頃に知り合ったIさんに頂いたものです。Iさんちは兎屋店舗から歩いて数分でした。


兎屋の初心者用定番レシピのミニカゴリボンです。

どうしたら紙バンド手芸を広める事出来るか?→→生活して行けるかどうか?と模索していた頃(今でも模索し続けていますけどね!)に、初心者向けとして作って頂いたのです。Iさんは普通の主婦の方ですが、手芸全般に造詣が深く特にビーズはプロ級の腕前。そして普通の方と違うのは、教本等にはあまり頼らずほとんど自分で編み出すのです。これは兎屋が深くお付き合い頂いている先生方すべてに言える事ですが、まだ手芸界の事を知らなかった私には・・・トテモスゴイコト・・・だったのです。

少ない材料と短い時間で紙バンド手芸の基本を学べます。

とくに ミニカゴリボンのリボン部の作り方は、目からうろこでした。なので家も近かったせいもあり、いろいろと兎屋に関わって頂き、兎屋が 2005年のホビーショーに出展して時も手伝って貰いました。

その後2006年神奈川県を去る事になり、高知県へ移住する際には#305ミニカゴリボンを兎屋で使って下さいと快く言って下さったのです。おかげで兎屋の初心者さん用定番レシピとしてありがたく使わせて頂いているのです。たぶん相当な数の方が作られているレシピだと思っています。

簡単リボンは紙バンドならではです!

あれから9年・・・・実は先月(2015年10月)突然Iさんからメールを頂いたのです。Iさんは紙バンド手芸からは遠ざかっていたようですが、ひょんなことから兎屋を思い出し、検索したら出て来たので懐かしくなってメールを下さったのです。いや~うれしかった!

紙バンドの仕事を始めて、何度も幸運な出会いに助けられて来ましたので、メールが来た時に、「おっ来たか!」と思ったのですが、考えて見ればIさんほど兎屋に古くから関わって下さっていた方はいません。さっそく「是非、沼津の店に来て下さい!辻堂時代と変わりないですよ!」とお誘いしたら、すぐに飛んで来て下さいました。そして9年ぶりの再会・・・・・これからも助言等を頂こうとお願いしました。いや~ こんな事もあるのだなぁ・・・・とミニカゴリボンを眺めています。

バックやカゴにリボンをつけましょう。

  1. リボン用に選んだ紙バンド(とり数はご自由)を 縦ひもに通す。その時左側を7cm出しておく。
  2. 左の7cmを右に回し、縦ひもの裏へ1cm差し込む(差込み部分の内側にボンドをつける)これでリボンの中心が出来ました。
  3. 右側をリボンの中心後ろを通し、左に出す。
  4. 左に出した右側からのリボン先端部分にボンドをつけ、そのままリボン中心裏に差し込む。
  5.  整えて出来上がり。何回か練習して下さい。