2015年10月8日のブログ記事「♯13 新ロット ピッチ多い」

と同じ様な現象が見えましたので記念の意味で書いて置きます。それは「ピッチ」がまた出現したという事です。前回は愛媛県産のくらふと紙バンドで発生していましたが、今回は静岡県産のクラフト紙バンドです。

ピッチ:製紙原料の木材パルプや古紙に含まれる樹脂で、製紙機械や紙の品質にマイナス影響を及ぼす。

ピッチは紙によろしくないし、製紙マシンにも悪影響を及ぼしますので、コントロール剤をパルプにいれたり(内添型ピッチコントロール剤)、製紙工程で使用(外添型ピッチコントロール剤)するなどしています。

しかし、原料の状態が悪くピッチが多かったりすると通常対策では追いつかなくなり、紙に出て来るというわけです。そしてピッチが大量に現れた紙はクレーム品になる事がほとんどです。

前回(2015年10月)の愛媛県加工の「くらふと」と今回(2019年5月)の静岡県加工の「クラフト」は、どちらも静岡県富士市の製紙会社の紙を使っていて、その製紙会社は回収したクラフト古紙を何%か使用しています。そしていつも品質の良い再生クラフト紙(古紙の混入率は明らかではありませんが)を抄いている評判の良い会社です。でも(たぶん)ですが、回収古紙のなかに品質の悪い古紙が混ざっていると、それがピッチとなって出て来たのかな?と想像します。

古紙設備の整っている大手製紙ではない、地方の中小製紙会社が再生古紙を使うという事はこういう事です。まぁ手芸用紙バンドの場合、このピッチが手芸に大きな影響があるとは思っていないので気にせず販売はしていますが、ひょっとお客さんが気が付いて「アレッ」って思われるかな?と思い、書いて置きました。

原紙や紙製品に携わって仕事をしている人ならもちろん、紙業界とはなんの関わりのない人でも、この国に住んでいれば「サイセイシ」「再生紙」という言葉に触れた事があると思います。でもほとんどの人が「再生紙」の事を説明できません。試しに、再生紙に詳しそうな方?に質問して見るといいでしょう

質問1:「100%再生紙ってなんですか?」
なにかしらご返事を頂けますので、続けて質問します。

質問2:「再生紙100%の中に古紙は何%入っていますか?」

たぶんこの辺りで怪しくなり、たまたま説明して貰ったとしてもその方から正確な数値は教えて貰えないと思います。と、言うか説明する方もわかっていない場合が多いです。つまり、あやふやなんです「再生紙」って・・・・


※このように古紙の配合率が明らかにされている事が基本です。でも本当に100%?かな?

さて、「再生紙」が気になる方は、森林保護に興味がある方か、商売熱心な方です。その為、自分が使う紙製品・自分が購入する紙製品には自然に優しい(はず)の古紙が沢山入っていて欲しい、出来れば100%の古紙が使われていて欲しいとなり、実際どのくらい使用されているか?が気になるのです。そして購入した商品が「再生紙100%」と聞くと、うれしくなるのです。でもその様な方に「その100%の再生紙には古紙が30%しか入っていませんよ」と言うと・・・・えっ?「中には古紙が10%しか使われていなくても再生紙というところもありますよ」と言うと・・・・??!となります。

私も「再生紙」の説明をする場合があります。特に2008年、年賀状に端を発した大手製紙メーカーの再生紙率偽装問題以降は特に気を配っています。あの頃は(やっぱりな)と思っていました。

再生紙で安心してはいけません。大手製紙メーカーの原紙や、しっかりした紙屋さん、ちゃんとした紙製品メーカーの場合は、「この再生紙には古紙が〇〇%使われています」と言うような表示がありますが、少ないです。


※この表示は古紙の配合率(%)の表示です。でも一般的にはあまり見る事はないですね。

兎屋も紙製品を扱って仕事をしています。しかし兎屋紙バンドに再生紙を使っていますと言った事はありません。それよりも手芸に適した紙バンドを作る事を一番に考えています。紙バンド手芸は作って楽しむ手芸ですからね。

※因みに日本は古紙混入率の高い紙が多い国です。しかも(ここ大事)古紙入り原紙を使った紙製品の品質が良いばかりではなく、その処理能力も高いのです。これは誇れることです。

しかし原紙ユーザー(新聞社・出版社・印刷会社・包装製品会社・紙加工会社などなど)からのリクエストの量と質が半端ないので、確保に無理のある安定した古紙を使いながら、しかも必要以上の品質で紙を抄いています。これは逆に薬品の量が多くなったり、使用電力が増えたりの弊害も生んでいますが、製紙会社や紙販売会社は立場が弱いのであまり主張できません。ここらへんが紙業界の辛い所です。

※再生紙をあまり正面からとらえると迷走し、折角の努力は報いられず、最後には叩かれるのがオチ。・・・・と言う事が多いと思っています。サイセイシはリスク(大)なのです。

兎屋くらふと(愛媛県産)新ロットの発売を始めていますが、気が付いた事がありました。それは従来の「兎屋くらふと」に比べピッチが多いという事です。

ピッチ:紙バンド手芸をされる方には耳慣れない言葉ですので、この機会にお話しして置きます。ピッチとは一般的には樹脂の事です。製紙の場合はパルプに含まれる樹脂と言う事になります。


ピッチが多い見本として、特に目立ったところを写真に撮って置きました。

紙原料がパルプだけの時代がとうに終わり、古紙が使用されるようになると古紙に含まれる油分もピッチと言うようになりました。これは業界的な言葉です。

ピッチが多いと製紙段階で悪さをする場面が多く、そのような状況で作られた紙は、加工段階で必ずと言ってよいほど悪影響を及ぼします。今朝兎屋くらふとを見て、!すぐに加工会社に問い合わせましたが、加工段階で特にトラブルは無かったようです。確かに紙バンドとしてはしっかり仕上がっています。ピッチが従来より多いけれど、原紙は問題なかったという事です。

但し、私が見たところはやはり以前に比べてピッチが多いのです。結局、古紙を使う(この紙に古紙が何%入っているかはわかりませんが)と言う事は、ロットによって紙の出来が変わるという事なので、これはこれとして先にご説明をさせて頂きます。