2015年10月8日のブログ記事「♯13 新ロット ピッチ多い」

と同じ様な現象が見えましたので記念の意味で書いて置きます。それは「ピッチ」がまた出現したという事です。前回は愛媛県産のくらふと紙バンドで発生していましたが、今回は静岡県産のクラフト紙バンドです。

ピッチ:製紙原料の木材パルプや古紙に含まれる樹脂で、製紙機械や紙の品質にマイナス影響を及ぼす。

ピッチは紙によろしくないし、製紙マシンにも悪影響を及ぼしますので、コントロール剤をパルプにいれたり(内添型ピッチコントロール剤)、製紙工程で使用(外添型ピッチコントロール剤)するなどしています。

しかし、原料の状態が悪くピッチが多かったりすると通常対策では追いつかなくなり、紙に出て来るというわけです。そしてピッチが大量に現れた紙はクレーム品になる事がほとんどです。

前回(2015年10月)の愛媛県加工の「くらふと」と今回(2019年5月)の静岡県加工の「クラフト」は、どちらも静岡県富士市の製紙会社の紙を使っていて、その製紙会社は回収したクラフト古紙を何%か使用しています。そしていつも品質の良い再生クラフト紙(古紙の混入率は明らかではありませんが)を抄いている評判の良い会社です。でも(たぶん)ですが、回収古紙のなかに品質の悪い古紙が混ざっていると、それがピッチとなって出て来たのかな?と想像します。

古紙設備の整っている大手製紙ではない、地方の中小製紙会社が再生古紙を使うという事はこういう事です。まぁ手芸用紙バンドの場合、このピッチが手芸に大きな影響があるとは思っていないので気にせず販売はしていますが、ひょっとお客さんが気が付いて「アレッ」って思われるかな?と思い、書いて置きました。

紙バンド=紙製品としたら、方向性が見えて来ました。良い紙を使って、贅沢に作る、これも紙バンド手芸材料の一つの方向性かも、なんだ簡単じゃないか!(一般的な企業論理とは逆です)

まぁここから苦労の連続なんですけどね(笑)という事で、取りあえず紙を贅沢に使う事を考えました。残念ながらその頃はまだ良い紙に出会えていませんでした。

紙を贅沢に使うという事は、紙糸断面の紙密度を上げるという事で、そうすれば自然と紙糸にコシが出ます。また、紙バンドが出来るまでの各工程を観察しながら、常に舵を(贅沢♪=加工に厳しい!=経費的に厳しい!!)方向へ切ってました。すると今度は、その厳しいという選択が祟り、紙が持たなくなりはじめました。これには数年悩みました。兎屋コレクションカラーの品質停滞期です。今でも思い出す場面があります。

出張時、広島県呉市のフェリー桟橋にいる時に電話が掛かって来ました。
加工屋さん「佐野さん!赤ぶどうの加工してるんですが、紙が切れて切れて仕事になりません、どうしましょう」
私「わかりました、赤ぶどうはあきらめます、すぐに中止して他のをお願いします」(あぁ・・・・大損やぁ・・・・)

でも!加工会社さんは紙を無駄にせず、最後まで加工をして下さったのです。その四国中央市の紙加工屋さんは、紙に精通しているし、紙加工にはプライドをもっています。なので、「紙が悪くて加工出来ませんよ!」と過去何回も言われはしましたが、一度として加工をあきらめた事がありません!このような対応は紙業界では少数派です。さすがです。

※ 普通の紙加工屋だったら、加工の事は後回しにして、紙のせいにするのが一般的です。で、苦情を言われた製紙会社は「いつもと同じですよ」と言い、これも一般的です。これが紙業界の古い(今でも)体質ですね。ハァ~~~ で、何も知らないお客さん達が混乱するのです!

さて、出会った頃は「・・・・手芸用の紙バンドは製造したことが無く、手探りの状態でした。・・・」の愛媛県四国中央市の紙加工会社さんですが、探究心と高い技術力、そして社長さんから現場さんまでの一貫した意識の高さで、今の兎屋コレクションカラー紙バンドを支えて下さっています。今では私が何も言わないのに、勝手に?どんどん?チャレンジして、紙バンドの品質を上げ続けています。なので私はもう何年も工場の中に入った事が有りません。それでいいのだと思っています。

要はお客さんが「兎屋コレクションカラー紙バンド」の事をどう思うか?初心者さんやバザーなどで販売される方は、値段が高いコレクションカラーは買いませんが、紙バンド手芸の中~上級者さん達には挑戦したいコレクションカラー紙バンドです。よろしく!

 

 

兎屋を始めた頃は、静岡県産の紙バンドを仕入れて販売していました。しかし1年余りで突然供給を止められました。そこで四国の紙仲間達に声を掛け、四国で紙バンドを作っている会社が有るのかな?と調べているうちに、愛媛県四国中央市の紙加工会社さんにたどり着きました。しかし、その会社さんは、手芸用の紙バンドは製造したことが無く、手探りの状態でした。

兎屋は、紙業界で過ごした時間はまぁまぁありましたが、紙バンド製造については特に詳しいとは言えない時期で、さてどっちに行こうか?と思案していました。その頃は、あまり市場に出回っていない色の紙を、小ロットで抄いて貰う事が頭に浮かんでいただけです。でも色は製紙会社に相談すれば誰でも作る事が出来るので、色で勝負を続ける事が出来ない事はわかっていました。ならばどうするか?紙バンドってなんだろう?

!紙バンドは紙製品じゃないか!なるほどそういう事ね!この思考は兎屋がいつも念頭に置いている(紙バンド=紙製品=紙大事)という事です。これが「兎屋コレクションカラー紙バンド」の基本姿勢です。

 

紙バンド手芸の材料「紙バンド」「クラフトバンド」等は、ネットショップ・手芸店・ホームセンターで販売されていますが、流通をさかのぼると、紙バンド製造の加工メーカーか、手芸用品メーカーのどちらかにたどり着きます。しかし、どちらも紙については詳しくないようです。なぜなら、扱っている商品を紙と言うより、手芸用品の中の「紙バンド」として捉えているからです。

手芸用紙バンドの商品説明に紙の事は余分と言えばそれまでですけど、お客さんから、紙バンドの説明を求められた時、紙に触れずに説明する事は、私には出来ません。ちゃんと説明する為には、紙と加工のそれぞれをハードとソフトの両面から説明するしかないと思っています。(なので、いつも長話になるのです)

紙バンドは紙から作られている紙製品です(ここ大事!)しかも紙バンド品質の優劣は、①使用する原紙と、②紙バンド加工技術で決定されるのです。しかし紙の事はあまり表面には出ず、紙バンドの品質が悪くなると、再生紙だからなどと、紙のせいにされる事も多々あります。これは片手落ちです。ちゃんと紙と加工の両方説明しないとね。

※紙が原因で紙バンド品質が下がる事も多少ありますが、紙バンド品質が悪い場合、紙バンド加工時にその理由がある場合がほとんどです。断言します!

紙バンドの品質を上げるには紙が大事は当たり前、そして紙を受けた紙バンド加工現場では、その紙を使って、どれだけ品質を上げる事が出来、安定化に繋げられるのか?たぶんこのテーマは兎屋をやっている限り、終わる事はないでしょう・・・・・

 

 

兎屋で独自ルートのオリジナル紙バンドを企画・製造(委託)し始めた頃は、同じ愛媛県産の紙バンドを2つのカテゴリーに分けていました。一つはコレクションカラー、もう一つはベーシックカラーの2種類でした。

コレクションカラーとベーシックカラーの区別は、発注する原紙ロットの多少で、凝った色のコレクションカラーは販売数量が少ないので、製造ロットがかさむ為、値段設定を高くしていたのです。品質の差はなく、製造経費の差だけでした。

また、当時は原紙も愛媛県産の紙を使っていて、紙の引張強度に欠ける愛媛県産原紙では、紙バンド加工の精度を上げる事が出来ず、苦しんでいました。

しかし、2015年春から、産地の違う静岡県産の紙バンドを取り扱うようになったので、愛媛県産の紙バンドは一つにまとめてコレクションカラー紙バンドと称し、静岡県産のカラー紙バンドと区別する事にしました。

また、懸案だった原紙の強度アップは、高知県産原紙で対応する事で、愛媛県産紙バンドと静岡県産紙バンドを品質面からも説明出来るようになりました。特にこの2年程で兎屋のコレクションカラーの品質は大きくアップしています。

兎屋で扱う手芸用紙バンドは産地別に2種類あり、兎屋メイン商品は断然!「兎屋 コレクションカラー紙バンド/愛媛県産」で、サブ商品として、安価な静岡県産「カラー紙バンド」も扱っています。という事で「兎屋コレクションカラー紙バンド」以外は、全て静岡県産という事です。まずここから説明に入ります。

一部ベトナム産紙バンドも流通していますが、こちらも静岡県の会社が企画製造しているモノで、静岡産と同じ雰囲気です。また、中国産?もあるよと言われるのですけど?私にはよくわからないです。

「兎屋 コレクションカラー紙バンド」は、①兎屋が企画し、②高知県の製紙会社に原紙を発注し、③愛媛県の紙加工会社で紙バンド製品にして貰う・・・・という流れです。そして、数ある手芸用紙バンドの中で、この②と③を実践している紙バンドは、唯一「兎屋 コレクションカラー紙バンド」だけとなっています。

 

なぜ?唯一なのか?・・・・・兎屋創業時は静岡県産紙バンドだけを販売していました。しかし、仕入れて売るだけの”バッタ屋”稼業では先がないと、早々に見切りをつけ、愛媛県の紙加工会社の門を叩いた2003年が「兎屋 コレクションカラー紙バンド」の始まりでした。しかし、手芸用紙バンド製造の経験がない加工屋会社さんは、手芸用紙バンドってなんだろう?求められる品質は?から入って行くしかなく、静岡県産紙バンドの扱いをやめていた兎屋の立場は(ここしかない!)と言う背水の陣でした。今でこそ誇らしげに唯一と言いますけど、当時は唯一頼るべき道だったのです。

愛媛県の紙加工会社さんは、先代社長時代の、昭和40年代に手芸用としてカラフルな紙バンドを販売していたそうです。紙バンドの詳しい話(4)項を参照下さい。

 

兎屋紙バンドのメインブランド「兎屋コレクションカラー」紙バンドは愛媛県四国中央市のM社で作っています。もう18年近いお付き合いです。

M社の事は、30代頃勤めていた静岡県富士宮市の製紙会社社員の時代になんとなく知っていましたが「紙バンド加工はもうやっていないんじゃない?」と言う方もいました。しかし、兎屋を営んで行く為にはM社との取引が必要と考え、20代の頃に勤めていた愛媛県四国中央市の紙代理店の仲間に動いて貰い、M社のT社長に面談をして貰ったのが2002年の秋、以来18年のお付き合いです。もし、M社が紙バンド加工事業から撤退していたら兎屋はやめる積りでした。

M社の主たる事業は紙加工で、しかもほとんど精密な紙加工です。その為当然紙バンド事業は二次的な扱いでした。しかし2~3年過ぎた頃からT社長の気持ちに変化が有ったのか?紙バンド事業について真剣に取り組もうとおっしゃって頂き、同時期に工場責任者として入って来たMさんと言う方がすごい方で、見る見る紙バンド工場の雰囲気が変わり始めたのです。


この春もまた、兎屋コレクションカラーの製造が始まります。

そして、今では「兎屋」がなにも頼んで居ないにも関わらず、T社長とMさんは毎年の紙バンド事業方針を具体的に立て、私に「今年はこうするよ」などと言うようになりました。

そこで私が心配したのは、十数年培って来た信頼が過去と同じ付き合いでは保てないと思った事です。なのである時の酒席でT社長に宣言しました「もう工場内には入らない事にします」

十数年、普通に工場内に出入りし、一緒に手芸用紙バンドの品質向上に取り組んで来ましたが、M社が新しい事をどんどん始めて行くと、M社の企業努力を(見る)場面が多くなるのです。これはヤバい!信頼は貰っていても、やはりどこかで疑念が生じる事は(ある!)ならば、もう工場に入らない方が良いとの判断でした。そして(先に宣言)する事が大事。

私の宣言に対して、T社長の即返事「そうしてくれる。いつか言おうと思っていたんですよ」あぁ先に宣言して置いてよかった!!!という事で3年ぐらい前から私はM社の工場に入った事はありません。しかしこの3年間でM社による「兎屋コレクションカラー」の品質がすごく上がったという事です。そしてまだまだM社の腕は上がると予想しています。これは簡単な予想です。

2017秋に作った手芸用「兎屋コレクションカラー紙バンド」もいい感じです。アリガトウゴザイマス!

カラー紙バンドが色のあれこれで評価されるのは、カラー商品なので当たり前。しかし色は色で、それよりも紙バンドの品質が重要だと思っています。これは兎屋の基本姿勢で、その表れが「兎屋コレクションカラー紙バンド」です。簡単に言うと(品質>価格>色)となっています。まぁ一般的には(価格>色>品質)かな?


高知の奇跡の製紙会社:原紙の良さは製紙会社の姿勢の表れ、私が言う事はもうない

と!簡単に言いますが、これは兎屋だけで出来る事ではありません。これは品質重視で行こう!と思った2002年の兎屋創業時から気付いていて、わかってはいるけれど出来ない事ばかりでした。まず良い紙がない。マジで紙が無いのです!カラー紙バンドに使用する色原紙は昔から有るもので、カラーの紙テープ(コンサートや客船の出港の時に使っていたアレです)の紙と同じです。多少厚みなどが違うかもしれませんが、ほぼ同じ性質の紙。それが兎屋は気に食わない・・・・あぁアノ紙テープ原紙かぁ・・・・となるのです。

紙バンド手芸は日本発の楽しい手芸に絶対になる!と思って兎屋を創業したので、何かの流用は嫌でした。ちゃんとしたカラー紙バンド原紙が欲しい、無ければ作りたいと思っていました。でもリクエストに(心から)応えてくれる製紙会社が無い事は知っています。でも大丈夫。子供の生活環境を求めて偶然移住した高知県で私の希望に(心から)応えてくれる製紙会社を見つけましたからね。


愛媛の信頼の紙加工会社:私のいない所で高品質紙バンドを実現しようとチャレンジし続けている方達がいる

一方紙バンド加工の方はと言うと、これがまた渋い。「兎屋コレクションカラー紙バンド」は愛媛県四国中央市の紙加工会社さんで作って貰っていますが、まず社風がいい感じです。四国中央市(旧伊予三島市・旧川之江市・旧土居町・旧新宮村)は私の中では日本一の紙産業の町です。規模からすると静岡県富士市や富士宮市の方が紙産業規模としては大きいかもしれませんが、紙に関する内容が多岐に渡り、また天敵の大手製紙会社や強敵の静岡県製紙群に揉まれて来た歴史が有るので、とにかくまじめ気質な人達が紙に関わっています。これは断言出来ます。なので工場に入るとピリッとしています。でもこれは普通の風景、ここからチャレンジが始まるのです。

兎屋とお付き合い頂いて15年以上になりますが、まぁ苦労の連続でした。でも決して(こんなもんですよ)とは言わない。次はこうしよう、今度はこのやり方で・・・・が延々続きます。もちろん工場の景色も年々変わっていくので、数年前から私はもう工場に入らない事にし、その旨をその会社の社長に宣言したほどです。信頼関係を保つには大事な決断でしたし、この会社の努力は兎屋のモノじゃなくなっていると感じました。でもそれがいいのです。

奇跡の製紙会社/高知県と、信頼の紙加工会社/愛媛県。この2社のお蔭で「兎屋コレクションカラー紙バンド」が出来ています。そしてずっと兎屋を見守ってくれている四国中央市のT商事!・・・・・ありがたい事です。もちろん毎度の事ながら「兎屋コレクションカラー紙バンド」のファンの皆様にはとても感謝しています!!その為にも今の品質を保ちつつ期待に応えて行かねばと思うのです。(2017秋 兎屋佐野)

手芸用紙バンドの専門ショップとして営んで行く為には「品質」が大事と思い、「品質」には気を付けて来ました。兎屋として気を付けるという事は、手芸者、紙バンド加工会社、そして製紙会社の立場からも「注視・想像」し、それぞれの立ち位置の方の感覚を参考に、技術的に「工夫・改善」に導く事が紙バンド屋の仕事であり「品質」向上につながると考えています。

例えば、紙バンドのB品理由として○糊カス  ○汚れ  ○端の糸はがれ  ○割れ  ○色あせ ○曲り・歪み などが挙げられますが、兎屋では程度を見ながら、A品、B品、返品、破棄をしています。その中で兎屋が一番厄介だと思っているのが○曲り・歪みです。

【兎屋コレクションカラー/愛媛県産】コレクションカラー紙バンドは兎屋が、高知県の製紙会社から直接紙を購入し、愛媛県の紙加工会社に委託し製造しています。仕上り工程で正規品とB品がすでに分けられていますが、○曲り・歪みはこの数年発生していないという認識で、紙加工会社も、○曲り・歪みについては、今では全く考慮せず普通に生産しています。この辺りの「品質」に対する感覚はさすが愛媛県の紙産業の人達だなぁと思っています。

因みに小巻加工を兎屋で行っていますが、検品を兼ねる小巻加工時に○曲り・歪みを感じる事はありません。紙バンドの○曲り・歪みにお悩みの方はぜひ兎屋コレクションカラーをお試しください。紙バンドのハリもありますよ。


【カラー紙バンドとクラフト/静岡県産】2015年から扱い始めたカラー紙バンドです。○曲り・歪みも対策を講じ、紙加工会社さんの努力で2017年の5月に一応の品質達成を見ています。しかし愛媛県産のコレクションカラー紙バンドに比べると品質は劣り、○曲り・歪みは、まだ若干見られますが、以前の品質に比べる改善されています。

兎屋がお付き合いさせて頂いている静岡県の紙バンドメーカーさんは後発メーカーの為、常識に囚われる事なく、様々な実験を重ねています。私としては「なぜ今更そんな事やるの?」と思う事もありましたが、その実験が品質向上に役立っているのです。現場の責任者さんが研究者気質だという事もありますが、紙の加工会社として真面目に取り組んでいます。まぁ当たり前と言えば当たり前なのですけどねぇ・・・・

私の机右側一番上の引出しには、兎屋創業時に販売していた紙バンド(クリーム色)の小巻があります。時々手に取って眺めています。その紙バンドは2004年頃の兎屋紙バンドで、製造は今もお世話になっている愛媛県の紙加工会社さんです。作って頂いたのに言うのも何ですが、今のレベルから見ると笑っちゃう位の低レベル紙バンドです。使用していたのは今は廃業している愛媛県の製紙会社の紙でした。


兎屋2017年春の新色は せいじ(青磁色)です。最近青系を追いかけていますが、兎屋が青を作るとこうなるという典型的な渋い青色です。

一方、今回新色で仕上がって来た せいじ(青磁色)紙バンドは品質に厳しい工場担当役員さんが「今回は良いですよ」と言って来た位の品質で、さっそく私と家内とで小巻加工をしながら品質を見ていますが、おっしゃる通り過去最高の出来栄えかも知れません。(過去最高とは現時点の事を言うので、これからもっと品質が上がれば、次が過去最高かもしれません)

試に、2004年の紙バンドを出して見ました。この紙バンドを手に取る度に、今から13年前(まだ高知県の事も知らない神奈川県時代)の手探り時代の事が蘇ります。でもあの頃はこれで普通に販売していました。今から思うと恥ずかしい・・・・・・


写真に撮るとあまり違いが見えませんが、現物を並べるだけでモノの印象が違いますし、手に取ると2004年のはガサガサしています。一方、2017年のはしっとりハリと弾力性が感じられます。


この せいじ(青磁色)は他の色との相性がとてもいいです。落ち着いた色を差し色にすると特に合うかもです。渋い色は渋い色と合うのかも?

兎屋は2002年創業時から2017年の現在も、そしてこの先もたぶん小さな専門ショップとして営んで行くでしょう。2004年頃の兎屋紙バンドからは相当な品質UPをしていますが、創業事に思った(紙バンドマニア1%erさんの為の品質UP)の気持ちは変わってはいません。これも高知県の奇跡の製紙会社さんと、何より品質にこだわる紙加工会社さんの社長さんの気質と社風、そこで働く方の意識の高さがなせる業だと感謝しています。

それにしても今回の兎屋紙バンドはどれも良く出来ています。ハリと弾力性のある紙バンドで作品作りに挑戦しては如何でしょうか?