2002年春、兎屋オリジナルカラー紙バンドと仕入れ紙バンドの二本立てスタートは順調で、オリジナルの日本の伝統色を念頭に、うす色に挑戦したりしていました。しかし、2004年秋頃、仕入れていたカラー紙バンドの入手が出来なくなったのです。もちろん同時にお願いしていた兎屋オリジナル紙バンドの加工もやってくれないという事です。

せっかくスタートした「兎屋」を辞めなくてはならないかも?・・・これは困ったなぁ、と天井を見上げて・・・・あれっ?これで自由になれたじゃん!と思ったのでした。この間たったの5秒♪

こうなったら静岡県以外で唯一紙バンド加工をやっているらしい(当時はそれぐらいの情報しか持っていませんでした)愛媛県四国中央市の会社にお願いして見よう。もし紙バンド加工をやめていたら、その時は「兎屋」はストップ。その前にダメもとでお願いしないとね。と言う事で、四国中央市の紙仲間を通じて打診した所、話を聞いてくれる事になり、当時住んでいた神奈川県から愛媛県へ飛んで行ったのです。

元々愛媛県出身の私は、1982年四国中央市の紙代理店に入社(東京支店勤務)していましたので、以前勤めていた会社の仲間がバックアップしてくれたという事です。割と古い体質の紙業界と付き合うのは難しいのですが、まだ海のものとも山のものともわからない「兎屋」を会社を挙げて応援してくれた商事会社のおかげで今も仕事をつづけられています。本当にありがたい事です。

そして、今まで仕入れていた静岡県産の紙バンドの代わりに兎屋オリジナル紙バンドを作ろう!と、オリジナル色でカラー原紙を作ったのが2004年暮れ、2005年3月に12色の兎屋オリジナルの紙バンドを発売したのです。

兎屋ブログにも書いていました。
2005年3月16日「兎屋オリジナルカラー発売」

その後四国中央市の加工会社さんとはいろいろなご縁があった事がわかり、気が付いたら10年以上のお付き合いとなっています。紙や加工の原因で何度もトラブルがありましたが、常に一緒に乗り越えて来ました。そしていつしか兎屋独特の紙バンドが出来ていました。感謝