加工用原紙に求められる品質の中で、最初に期待される数値は、加工方向流れに対する引張強さです。これは加工原紙の宿命であり、当たり前に求められる数値です。各製紙会社はこの数値に苦しめられ、対応して来た歴史があります。原紙は、印刷、小巻、スリッター、貼り合せ、塗布、などだいたい「次加工」があるので、ほとんどの紙が強度との戦いを繰り返し、今に至っていると言っても過言ではありません。

そうした加工原紙の事を知っているので、兎屋を始めた頃、紙バンド用の専用原紙が無い事が不満で、今もその状態はほとんど変わっていません。兎屋を始めた2002年頃は紙バンド手芸を知る人は少なく、特にカラー原紙※1については愛媛県の2社の製紙会社だけしか作っておらず、紙バンドにも使える紙という事で、本来はテープ用原紙だった紙が流用されていました。しかも静岡県の紙バンド加工会社では問題なく使用されています。

※1:因みにクラフト紙バンドに使用するクラフト紙は静岡県の製紙会社1社がほぼ独占で紙を抄いています。なので価格も強気です。古紙がいくらかは入ってはいますが混入率は公開されていません。紙の品質は良いです。兎屋もくらふと紙バンドについては静岡県産原紙を使わせて貰っています。

ところが、兎屋の場合はちょっと事情が違っていて、委託先の紙バンド用糸撚り機の形式が、静岡県で多用されているのとは違い、加工スピードが速い為に糸に掛かる力も強く、愛媛県の紙では「切れる」事が多かったのです。そしてそのことを製紙会社に訴えても「・・・・静岡では使えるんですよねぇ・・・・」の返事でした。

しかし、2008年移住先の高知県で「奇跡の製紙会社」との出会いが有り、その状況が一変したのです。これは抄紙機の個々の性質の話で、人間で言う所の個性の話です。抄紙機のパターンは愛媛県の2社と同じですけど、その個性が紙バンド用原紙の抄造に適していたのです。

しかもこの会社を経営している土佐のいごうっそう兄弟の個性も、これまた良く、私が(兎屋が)しつこく紙の品質を責めても嫌な顔一つせず、喰らいついて来るのです。こんな製紙会社見た事なかったので、思いっきりわがままを言いながら、今の紙品質にたどり着いています。そしてこの高知県産原紙が、例の高速で力の掛かる糸撚り機に耐えられるのです。これがちゃんとした!紙バンド用カラー原紙の誕生なのです。・・・・・流用紙は嫌でした・・・・・

当然、引張強度だけではなく、紙バンド用として求められる品質についても様々な面で対応してくれますし、兎屋高知出張時の飲み会対策もしっかり対応してくれます(笑)

紙バンドの紙①の所で、・・・・・紙バンド品質の優劣は、①使用する原紙と、②紙バンド加工技術で決定される・・・・・と書きましたが、紙バンド手芸業界?では肝心の製紙会社が見えにくい為、紙の説明がちゃんと出来ないのが実情です。だから!紙バンド品質の悪さが「紙」のせいにされるのです!

手芸用紙バンドに関する紙の説明は、皆さんご存知の「100%再生紙」とか「再生パルプ」位ですが、メイン商品=色バンドは、紙業界の事情により(ほぼ)100%パルプ製となっているので(ほぼ)再生紙ではありません。もし本当に100%再生紙を謳うのであれば、使用する古紙パルプとパルプの割合 注1を説明したほうが良いと思います。

注1「20%古紙:80%パルプ」かも知れません。「10%古紙:90%パルプ」かも知れません。そういう事です。せめて「50%古紙:50%パルプ」で再生紙と言いたいですね。

かなり古い記事ですが、兎屋ブログ2008年1/9「再生紙偽装?複雑です」にいろいろ書いています。このころは再生紙問題に関するニュースを追いかけていました。再生紙は怖いですよ。さわらぬ神に祟りなしじゃ。

また、富士山の伏流水や地下水で 注2 ・・・というイメージ作りも、紙バンドの原紙にはあまり関係は無いですね。むしろ四国山脈に降った雨水で紙を抄いています!のほうが正直です。

注2 因みにクラフト紙バンドに使用するクラフト原紙は、ほとんど静岡県の製紙会社で作られているので、紙の抄造時に使う水を井戸から汲み上げているのであれば、富士山の伏流水だと思いますが、工業用水を使っている場合は富士川の水=山梨県や長野県から流れて来た水になります。

要は、紙バンドの品質を上げるには、再生紙云々よりも、紙の根本品質から見直した方がえぃじゃいか、と思うのですよ。

紙バンド手芸の材料「紙バンド」「クラフトバンド」等は、ネットショップ・手芸店・ホームセンターで販売されていますが、流通をさかのぼると、紙バンド製造の加工メーカーか、手芸用品メーカーのどちらかにたどり着きます。しかし、どちらも紙については詳しくないようです。なぜなら、扱っている商品を紙と言うより、手芸用品の中の「紙バンド」として捉えているからです。

手芸用紙バンドの商品説明に紙の事は余分と言えばそれまでですけど、お客さんから、紙バンドの説明を求められた時、紙に触れずに説明する事は、私には出来ません。ちゃんと説明する為には、紙と加工のそれぞれをハードとソフトの両面から説明するしかないと思っています。(なので、いつも長話になるのです)

紙バンドは紙から作られている紙製品です(ここ大事!)しかも紙バンド品質の優劣は、①使用する原紙と、②紙バンド加工技術で決定されるのです。しかし紙の事はあまり表面には出ず、紙バンドの品質が悪くなると、再生紙だからなどと、紙のせいにされる事も多々あります。これは片手落ちです。ちゃんと紙と加工の両方説明しないとね。

※紙が原因で紙バンド品質が下がる事も多少ありますが、紙バンド品質が悪い場合、紙バンド加工時にその理由がある場合がほとんどです。断言します!

紙バンドの品質を上げるには紙が大事は当たり前、そして紙を受けた紙バンド加工現場では、その紙を使って、どれだけ品質を上げる事が出来、安定化に繋げられるのか?たぶんこのテーマは兎屋をやっている限り、終わる事はないでしょう・・・・・

 

 

♯38 紙バンドの紙は機械抄き和紙?① より続く・・・・

「なぜ機械抄き和紙と言う言葉を使わなくなったのか?」について考え始めた頃、和紙を抄く方と知り合いになりました。手漉き和紙は大変な作業の繰り返しなのに仕事として成り立ちにくい世界でもあります。しかもそのような状態は明治の頃に洋紙抄造マシンが日本に入って来た頃から今に至っていて、多く在った和紙産地は、どんどん洋紙にのみこまれていったのです。

すると和紙の人たちは考えます。手漉き和紙の工程を機械化出来ないか?と、そして日本各産地の和紙産地の方々が手漉き和紙の機械抄きに取り組んだ結果、日本独特の抄紙マシンが出来たのです。いまでもそのような形式の抄紙マシンは日本各地に残っています。私も数社のマシンを見学させて頂く機会が有ったのですが、そこで気が付いたのです。「今まで私が言っていた、紙バンドの紙は機械抄き和紙ですよ・・・」はちがうなぁ


トイレットペーパーと同じ様な性質の紙バンド原紙は、割くとどこまでも縦にちぎれます。

縦に見える線は毛布模様ですが、パルプ繊維も70%ぐらいの率で縦に並んでいます。
私が違うと思う理由は、紙バンド用の原紙特徴の繊維流れについてです。どういう事かと言うと、紙バンド用の原紙はパルプ繊維が抄紙マシンの抄き方向に沿っているのです。似たような紙にトイレットペーパーがあるので皆さんお分かりかと思いますが、トイレットペーパーってちぎろうとしてもなかなかきれいに切れませんが、逆にトイレットペーパーの流れに沿って細くちぎれます。その状態が紙バンド原紙と同じなのです。その為、引張強度が高く、撚り易い紙になっています。これが和紙との大きな違いです。この違いはマシンの性質から来るので、紙バンドの原紙の事を機械抄き和紙とは言えないと私は考えています。手漉き和紙は原料の繊維が均一に絡み合っていますからね。


パルプ繊維が縦に並ぶ事で横方向のハリが少なく糸撚りに適していると同時に、縦引っ張り強度が高いのが特徴です。
ただし、紙バンド原紙を抄く抄紙マシンが独特な形式のマシンだという事は変わりがなく、そのようなマシンを持つ会社はどんどん減って居る事は確かです。因みに皆さんが現在楽しんでいる紙バンド手芸のカラー紙バンドは、愛媛県四国中央市のたった2社で作られています。紙バンドメーカーは数社あるにも関わらず、原紙は2社しかないという事です。

兎屋で販売しているカラー紙バンドも同じ流れで紙を求めています。もし、この2社が何らかの理由で紙を抄かなくなった時、紙バンド手芸にちょっとした波が来るのでしょうね。

※因みに兎屋コレクションカラーの原紙だけは、愛媛県の2社ではなく、高知県の製紙会社さんに抄いて貰っています。

日本製紙連合会の統計資料分類によれば、紙の大分類として「紙」「板紙」に分けられ「紙」には新聞用紙・印刷情報用紙・包装用紙・衛生用紙があり、「板紙」には段ボール原紙・白板紙が含まれています。

紙バンド用の紙はこの分類に入れるなら包装用紙の所に入るのだけれど、数量が小さく・・・・・紙バンド用の紙を抄いている製紙会社自体が製紙連に入って無いので、統計資料には出てこない「紙」となっています。

しかも大手製紙会社の言う包装用紙は、重袋(セメント・米麦・粉・飼料・肥料などの大きな袋)や軽包装(ショッピングバック・封筒・小袋など)の使用される紙を言うので、紙バンドや紙ひもに使われる紙とは全く性質が違っています。

兎屋初期頃のカラー紙バンド用原紙見本(愛媛県四国中央市)今でも大切に保管しています。
皆さんは聞いた事があるかどうか・・・・・「機械抄き和紙」と言う言葉。この言葉を私が初めて知ったのは、30代の頃に努めていた静岡県富士宮市の製紙会社時代です。

その製紙会社では、主に少年漫画雑誌向けのカラーの特更紙を抄いていて、業界の資料本に「機械抄き和紙」と言う言葉を見つけました。この更紙の世界もいろいろあって、戦後の混乱期から立ち直りつつあった製紙業界では、小資本で抄く事が出来る紙として更紙からスタートしたように聞いています。そしてそれらの紙を泉貨紙と呼ぶ事があったようです。

 

しかし泉貨紙(仙貨紙)は古くから抄かれていた強靭な手漉き和紙の事でもあるので、戦後混乱期に作られた粗悪な紙をなぜ泉貨紙と呼んだのかは?私にはわかりません。
○手漉き和紙=泉貨紙 (楮原料 抄き上げ時に2枚貼り合せした強靭な紙)
○機械抄き和紙=泉貨紙(この泉貨紙はあまり良い紙ではなかったようです)
○機械抄き和紙→良質な紙のイメージ
と言うように言い換えられたような気がします。「機械抄き和紙」という名前はそれだけでいい感じのような気がします。

縦方向にパルプが流れる独特な紙なので大手メーカーのクラフト紙とは性質が違います。
しかし、それでもまだ納得が行かず、なぜ少年漫画雑誌向けの紙を泉貨紙とも呼ぶのだろうか????と不思議に思っていました。その後2001年春に製紙会社を辞め、翌2002年春に兎屋をスタートして見ると、使用する紙はやはり「機械抄き和紙」でした???なんでぇ?

以前は私も紙バンドの原紙は「機械抄き和紙ですよ」と誇らしく言っていました。でも数年前頃からは言わないようにしています。

なぜ機械抄き和紙と言う言葉を使わなくなったのか、なんとなく判った!のです。

♯39 紙バンドの紙は機械抄き和紙? ②へ 続く

紙バンドの仕事は紙の仕事と考え、紙バンド=紙製品と捉えて兎屋をやっています。そこには、日本における2大紙産地である愛媛県宇摩地区と静岡県富士地区の両地区と兎屋との因縁があります。

愛媛県宇摩地区とは旧伊予三島市・旧川之江市・旧土居町・旧新宮村を指し、2004年これら2市1町1村が合併し四国中央市となっています。この合併の為「宇摩郡」という由緒ある名前は消滅しました。この地区は降雨量の少ない瀬戸内海気候の為、長年水不足に悩まされて来ましたが、製紙業を中心とした地域経済界の有志達の尽力でダムとトンネルを建設し、工業用水として活用しています。

静岡県富士市地区は富士市と富士宮市を指しています。いわゆる「富士郡」です。こちらも製紙や紙に関わる会社が多いのが特徴で、富士山地下水や富士川工業用水を利用しています。また富士地区は東西大消費地に近く愛媛県紙産地に比べ産業的に活発な時代がありました。その為、中小と言っても製紙マシンは大き目です。

兎屋店主の社会人スタートが愛媛県伊予三島市本社(現:四国中央市)の紙代理店だった関係で、伊予三島市や川之江市との関係が強くなったのです。その後、東京支店時代に知り合った方の導きで、これまた縁もゆかりも無い静岡県富士宮市の製紙会社に転職した影響で、富士地区の方達とのご縁が出来たという事です。いろんな不思議が重なっています。そして、富士市で手芸用紙バンドの事を知り、「いろいろあって」兎屋をやっています。

えらく前置きが長くなりましたが、この愛媛県と静岡県が、実は手芸用紙バンドの紙流通に大きく関係しているのです。

皆さんが使われている手芸用紙バンドは大きく分けて①クラフト紙バンドと、②カラー紙バンドの2つです。この①②と原紙との関係がおもしろいのです。(おもしろいと感じるのは私だけかも知れませんけど)簡単に書くと・・・・・・・

①クラフト紙バンド=原紙:静岡県
②カラー紙バンド=原紙:愛媛県・高知県です。


最近はあまり言わなくなりましたが、以前は紙バンド手芸の事を「・・・紙バンドは100%再生紙で作られ、環境にもやさしいのです・・・」のアノお題目の元は、静岡県産のクラフト紙にあり、その製紙会社ではクラフト紙を抄造する時に上質なクラフト古紙を使っていました。今でもその体制は変わらないと思いますが、いつも原料が100%古紙かどうか、私は分りませんし、そんな事は製紙会社ではあまり重要な事ではなくむしろ日常です。

上質クラフト古紙を集めるのは難事で、景気が悪く、産業構造がどんどん変化している現代は古紙の集まりが低調で、品質は低めになります。因みに兎屋紙バンドの「くらふと/愛媛県産」と「クラフト/静岡県産」はどちらも静岡県のクラフト紙を使用しています。ロットによって色目が変わる理由は原料古紙率と品質のばらつきで、その変動理由もこれで説明が付きます。

一方、カラー原紙は、ごく一部の例外以外を除いて、ほとんど愛媛県四国中央市の製紙会社2社で生産されていて原料は100%パルプです。尚、兎屋のコレクションカラー紙バンドは特別に高知県産の原紙を使っています。

原料に古紙を入れる事も可能ですが、消費地から遠い愛媛県の製紙会社は、良質で均一な古紙が集まりにくく、特に中小製紙会社は、入手や扱いが困難な古紙よりもパルプによる抄紙を選んで来たのです。

パルプ原料で抄かれた紙は古紙原料の紙より価格が高くなりますが、それも含めライバルの静岡県紙産地に対して常に後塵を拝し続けていた事がバネになり、今の四国中央市の紙産地を保っていると私は見ています。残念ながら静岡県富士市ではカラー原紙を抄く会社は2000年ごろに消滅しています。

※2018年半ばから薄い色だけ静岡県のある製紙会社が自社用に抄き始めたと聞いています。

あの日は?あれっ?・・・・1990年代後半年頃だったかな?気になったので当時付けていたノートを見ていたら、平成12年10月13日(金)の記録に

・・・手芸用・クラフトカラーバンド用の色糸ひも原紙について、現状四国より10色程購入している件で 多色の可能性について話し合いす、たとえば日本古来色をすべて揃えるという風 又は欧米向けの特色を作る等・・・・・・・

↑のくだりが書いてありました。話し合いの相手は製紙会社のお客さん向けとしてクラフト紙を納入していた紙バンド加工会社のスタッフさんで、そうかあれは2000年の秋だったのでした。当時は静岡県富士宮市のT製紙に勤めていて、製紙会社社員の立場から紙バンド手芸を見始めた頃でした。

翌週の10月17日(火)には自社の幹部と話し合いをしたり、製紙マシンでの色付けについて詳しい方を訪ねて見たりしているうちに、翌月11月17日(金)には関西の製紙会社まで行ってました。その製紙会社も従来の紙だけではだめになったので、ラッピングの世界に活路を求めて頑張っているのでした。もちろん自社でカラー原紙を抄いていました。

紙に色を付けるのはそんなに難しい事ではなく、勤めていたT製紙のメインの仕事は漫画雑誌に使う色更紙だったし、大手製紙メーカーも色上質紙や色中質紙を抄造していました。

当時は静岡県の製紙会社社員だったので、なんとか自社で抄けないか?と考えていました。それまであまり真面目でなかった会社員の私が、染料や顔料の事や、カラー原紙の抄き方などを調べていました。

しかし、古い工場の時代遅れのマシンでカラー原紙を小ロットで抄く事には限界があり、結局私もその製紙会社を去る事にしたので、静岡県で紙バンド用のカラー原紙を抄く事は出来ませんでした。

現在、紙バンド用のカラー原紙は愛媛県の2社で抄かれていて、皆さんがお使いのカラー紙バンドの紙は、ほぼこの2社の紙です。

※2018年半ばから静岡県の製紙会社が薄色だけ自社用に少量抄き始めたと聞いています。

原紙や紙製品に携わって仕事をしている人ならもちろん、紙業界とはなんの関わりのない人でも、この国に住んでいれば「サイセイシ」「再生紙」という言葉に触れた事があると思います。でもほとんどの人が「再生紙」の事を説明できません。試しに、再生紙に詳しそうな方に質問して見るといいでしょう

質問1:「100%再生紙ってなんですか?」
なにかしらご返事を頂けますので、続けて質問します。

質問2:「再生紙100%の中に古紙は何%入っていますか?」

たぶんこの辺りで怪しくなり、たまたましっかり説明して貰ったとしてもその方から正確な数値は教えて貰えないと思います。あやふやなんです「再生紙」って・・・・


※このように古紙の配合率が明らかにされている事が基本です。でも本当に100%?かな?

さて、「再生紙」が気になる方は、森林保護に興味がある方か、商売熱心な方です。その為、自分が使う紙製品・自分が購入する紙製品には自然に優しい(はず)の古紙が沢山入っていて欲しい、出来れば100%の古紙が使われていて欲しい・・・・となり、実際どのくらい使用されているか?が気になるのです。そして購入した商品が「再生紙100%」と聞くと、うれしくなるのです。でもその様な方に「その100%の再生紙には古紙が30%しか入っていませんよ」と言うと・・・・えっ?「中には古紙が10%しか使われていなくても再生紙というところもありますよと言うと・・・・??!となります。

私も「再生紙」の説明をする場合があります。特に2008年、年賀状に端を発した大手製紙メーカーの再生紙率偽装問題以降は特に気を配っています。あの頃は(やっぱりな)と思っていました。

再生紙で安心してはいけません。大手製紙メーカーの原紙や、しっかりした紙屋さん、ちゃんとした紙製品メーカーの場合は、「この再生紙には古紙が〇〇%使われています」と言うような表示がありますが、少ないです。


※この表示は古紙の配合率(%)の表示です。でも一般的にはあまり見る事はないですね。

兎屋も紙製品を扱って仕事をしています。しかし兎屋紙バンドには再生紙を使っていますと言った事はありません。それよりも手芸に適した紙バンドを作る事を一番に考えています。紙バンド手芸は作って楽しむ手芸ですからね。

※因みに日本は古紙混入率の高い紙が多い国です。しかも(ここ大事)古紙入り原紙を使った紙製品の品質が良いばかりではなく、その処理能力も高いのです。これは誇れることです。

しかし原紙ユーザー(新聞社・出版社・印刷会社・包装製品会社・紙加工会社などなど)からのリクエストの量と質が半端ないので、確保に無理のある古紙を使いながら、しかも必要以上の品質で紙を抄いています。これは逆に薬品の量が多くなったり、使用電力が増えたりの弊害も生んでいますが、製紙会社や紙販売会社の立場が弱いのであまり主張できません。ここらへんが紙業界の辛い所です。

※再生紙をあまり正面からとらえると迷走し、折角の努力は報いられず、最後には叩かれるのがオチ。・・・・と言う事が多いと思っています。サイセイシはリスク(大)なのです。