昨夏、紙バンド手芸愛好家さん達に向けて兎屋がご提供した新商品「極細紙バンド/単色」に続き、予ねて準備中だった「極細紙バンド/カスリ染め」を1/25から発売します。

この商品は、昨年8月に最初に発売した「極細紙バンド/単色」の付加価値商品、つまりバージョンアップです。単色カラーは基本商材として必要だという事で、取りあえず9色作って販売していますし、今後もいくつか色は増やす積りです。

しかし、兎屋としては「単色」よりも「カスリ染め」メインで進んでいました。それは3年前、極細紙バンドを作ろう!の時に、すでに目に入っていたのです。紙加工会社さんの様々な加工サンプル品の中に・・・カスリ的なのがね。

先ずは「単色」!まずは「単色」!と言い聞かせながらも、気持ちはずっと「カスリ染め」でした。極細紙バンドを発売するまで3年も掛かっていたので、必ず「極細紙バンド/カスリ染め」を作って世に出すぞ!という思いは強烈で、同時に極細紙バンドのメインは「カスリ染め」だなぁ~と思うようにもなっていました。

 

極細紙バンドは現物をご覧になると容易に想像が付くと思いますが、加工がとても厄介な代物です。それを加工会社の社長さん以下現場の方達までが一丸となって取り組んで下さっています。でないと出来なかった手芸材料です。

長く紙業界で仕事をさせて貰いながら思う事は、品質の決め手は①使用する原紙の優劣を基本にしながらも、②それを加工する工場の力だと思っています。そして工場の力とは会社そのものだという事です。極細紙バンドを眺めていると、紙加工会社さんで働かれている人達や景色が浮かんで来ます。

さて!この「極細紙バンド/カスリ染め」ですが、カラーは「○くるみ、○オーク、○しらかば」の3色でスタートしました。しかしこれで終わるわけはありません。色とカスリ染の組み合わせは無限です。どうぞご期待下さい。

昨年6月に日本ヴォーグ社さんから出版された紙バンド手芸実用書「  紙バンドで作るほめられかご」・・・・皆さんほめられましたか?(笑)の事は、このブログにも書かせて頂きました。そして今年も一部ですが、ヴォーグ社さんから兎屋紙バンドの材料掲載をして頂いた本が出版されました。

本の名前は「ずっと持ちたいかご」と言い、四つだたみ編みと花結び編みの専門実用書になっています。・・・・・なるほど、ずっと持つのね、という事で確かに、紙バンドのバッグは意外に長持ちです。色によっては色あせが気になる色もありますが、色を選び、日に当たらないように保管に気を使えば、かなり持ちます。もちろん紙バンドの品質も長持ちには影響します。これ大事!


紙バンド手芸が広まり始めて約17~18年。紙バンドの実用書もおしゃれになりました。

本来ならちゃんとした出版社さん発刊の実用書に兎屋紙バンドが材料掲載される事は無いのですが、こうやって一部だけでも使って頂けるのは、紙バンド手芸の1%er(ワンパーセンター)さん向けに、マニアックに紙や紙バンド加工にこだわっている専門ショップとしては、素直にうれしい事です。兎屋の事を知らない人多いですからね・・・・・

さて出版社と言うと記憶があります。兎屋を創業する前までの18年間、紙業界にお世話になっていて、紙代理店(本社愛媛県)と特更製紙メーカー(本社静岡県)で営業活動をしていました。代理店時代は、印刷用紙、包装用紙、情報用紙を扱い、もちろん出版用紙にも携わっていました。また、特更製紙メーカー時代は、少年ジャンプの色更紙をメインとした漫画雑誌の本文用紙の営業をしていたので、出版社と聞くと懐かしいのです。


四つだたみ編みと花結び編みに特化した本です。ゼロからわかるのです。

現在、新聞用紙、包装用紙、出版用紙の需要は減っていて、その代りネットを駆使した媒体が広がっていますが、紙の本が消える事は絶対にないと思っています。紙の頁をめくりながら、開いた頁が綴じないように重しを置いたりして、紙バンド手芸を楽しまれる景色は良いものだと思っていますし、手芸をされる方達の為に特別な紙バンドをご提供する事は、兎屋としてやりがいのある仕事です。

今回出版された「ずっと持ちたいかご/日本ヴォーグ社 定価1200円」は出版に携わった方々の熱意が感じられる上質な実用書となっています。どうか一度手に取って紙バンド手芸の参考になさって下さい。

神奈川県藤沢市辻堂のバス通りのはずれ、あまり人通りのない立地で7坪貸店舗を借りて兎屋を始めたのが2002年の春。紙業界で18年生きて来たので、「紙バンド=紙製品」という考えにはすぐに納得し、その線で兎屋をやろうとしていました。これは今でも変わりません。しかし手芸業界の事はさっぱりわからなかったのです。

手芸業界??わからないけれど自分なりにシュゲイギョウカイの事を知ろうと、見本市に行ったり、手芸店を巡ったり、いろんなサイトを覗いて見たり、お店に来る方とおしゃべりをしたり。そしてあることに気が付きました。

それは(今行われている手芸は、ほとんど外国からやって来たもの)・・・・という事です。「紙で遊ぶ=折り紙」が浮かびますが、折り紙は手芸ではないですね。確かに、和紙で人形を作ったり、ひもで遊んだりする日本手芸もありますが、メインどころはすべて外国から来たものと言って差し支えないでしょう。

2002年当時、まだ知る人の少ない紙バンド手芸でしたが、意外に材料は売れていましたし、お店に来るお客さんの反応も良かったのです。なので紙バンド手芸は日本発手芸として広まっていくし、外国へも広げることが出来ると考えました。まぁ英語が出来ないのでどうしていいかわかりませんけどねぇ・・・

それにしても何かを編むという行為は日本人昔から行って来ました。いや日本人だけではなく、人類共通の所作ですね。おもに植物(竹なども含みます)や皮革をそれぞれの人種が編んで来たのです。

紙バンドは昭和30年代後半頃、梱包材料として日本で考えられた材料で、※紙→テープ状にする→撚りを掛ける=紙ひもの考えで、ここまでは昔からあるものです。水引や元結などがそれです。しかし、紙ひも+紙糸並列=紙バンド  なんて!日本人的です。しかも梱包材料時代から、あまった紙バンドでカゴなどを編んでいたのです。これって日本人ならではのエピソードだと感心したことを覚えています。

紙バンド手芸作品を独特な製作者としての切り口から発表されている「さとかさん」の作品を兎屋ホームページの「 さとか作品集」に追加掲載しました。追加したのは「カチナ:Kachina」と「瑠璃色のバッグ」の二つです。独特な作風と高度なワザをどうぞご覧になって下さい。


カチナとは北米インディアン・ホピ族が(ズニ族も)信じる精霊です。


紙バンドで再現されたカチナ人形の数々をご覧下さい。


ちょこ色紙バンドが瑠璃を引き立てています。ドリームキャッチャーも瑠璃色でクール


斜め網代編みで時間を掛け、計算通り編み込まれた作品の完成度はかなり高いと思います。

さとかブログ