昨日に続きまた新色のご案内です。こちら静岡県産紙バンドで名前は「グレー」

今年5色目の新色です。今年新色おさらい(①スカイブルー ②ライトブルー ③せいじ ④あおみどり、そして今回の⑤グレー)5色の内4色が静岡県産のカラー紙バンドで、兎屋コレクションカラー(以下:兎コレ)は「せいじ」の1色だけです。でも大丈夫、来週には兎コレの新色が2色入荷の予定ですので、今年の新色は合計で7色になります。しかも来週はあの顔料墨流し紙バンドの入荷もあります。ご期待ください。


兎屋で販売するカラー紙バンド(静岡県産)は後発メーカーとして苦しんだ時期が有ったので、あまり常識に囚われない考え方で作っています。その結果が今年表れています。よかった!

さて、この「グレー」ですが、現在販売中の兎コレの「ぎんねず」よりも明るく、以前から欲しかった色目です。グレー系、灰色系は地味色ながらも安定の人気色で、どちらかと言うとより薄い方が好まれる傾向です。
<br/>なので濃い目の「ぎんねず」よりも明るい灰色という事で作りました。とは言うものの・・・・(ココカラが本音)仕上がって見ると、まだ明るさが足らない気もします。今回のロットが終了したら、もう少し明るめで作ろうか?と、これから発売する新色を前に思ったりしています。まぁお客さんの意見も頂かないといけませんね。


すっきりとした「グレー」色の紙バンド、人気の秘密は他の色との相性の良さにあります。

品質ですが、一瞬(これ高知産原紙だったっけ?!)と思ったぐらいハリがあります。使用する晒パルプの影響なのか?「あおみどり」よりも硬めの仕上りです。因みに使用している原紙は愛媛産原紙です。灰色系、グレー系という分け方を広くモノトーン系で見た場合、モノトーン系ってどれぐらいあるの?と兎屋紙バンドの現行販売色をみると、

【モノトーン系の色】
兎屋コレクションカラー → ①しろ ②くろ ③ぎんねず
カラー紙バンド     → ②しろ ②クロ ③グレー  たった6色です。

モノトーン系とはそういう色、あとは灰色の濃い⇔薄いで遊んで見ますかね。因みに兎コレの「くろ」とカラー紙バンドの「クロ」は同じ黒でも色が違います。兎コレの「くろ」の方が深みのある黒色となっています。あれっ?話の最後は「グレー」じゃなくて兎コレ「くろ」の話・・・??(笑)

先週「るり」色販売終了をブログにしました。「るり」には思い入れがあったのでグズグズな気持ちです。兎屋コレクションカラー色はそれぞれ思い入れがあるので販売終了には抵抗が有ります。でも一度に沢山の色を持つのもどうかな?と思うし、ある程度の緊張を保つためにも、色の登場と退場は必要と思っています。今回は色の登場の話です。

あおみどり色紙バンド、出荷準備完了です。

新色は静岡県産のカラー紙バンドで、名前は「あおみどり」名前の通り緑色が青に寄った色です。実を言うとこの色は(メーカーさんの持ち色)で兎屋が指定した色ではありません。

しかし最近の品質向上に伴い、新ロットで作った「あおみどり」も販売して見ませんか?と言われ、兎屋としては消極的な感じの新色発売です。でも意外にこれがいい感じです。色も良いけど、なにより以前に比べて品質が良いのです。


比較:上2巻が「みどり」、下が「あおみどり」です。

今回の「あおみどり」の登場で、カラー紙バンドの緑系が充実しました。カラー紙バンドの緑系は「みどり」「きみどり」「ふかみどり」そして今回の「あおみどり」の4色となっています。????あとどんな色の緑系が必要ですか?

因みに、兎屋がお付き合いしている静岡県の紙バンドメーカーさん?と言うより紙加工の老舗会社さんでは、生産する手芸用紙バンドは兎屋向けに絞って来ているので、(メーカーさんの持ち色)と言っても、結果兎屋のオリジナル色となっています。なので責任重大です。

兎屋で販売する手芸用紙バンドは2ブランド。一つは2003年から品質向上に取り組んで来た愛媛県四国中央市産の紙バンド。もう一つは2015年から取り扱いを開始した静岡県富士市産の紙バンドです。
簡単にまとめると・・・・・
①くらふと コレクションカラー/原紙:高知県 紙バンド加工:愛媛県
②クラフト カラー紙バンド  /原紙:愛媛県 紙バンド加工:静岡県
※但し、くらふと クラフト の原紙はどちらも静岡県です。

愛媛県産の兎屋紙バンドはすでに10数年以上の実績があります。当初は愛媛県の原紙でスタートしましたが、途中から強靭な高知県の原紙に切り替え、それが功を奏し厳しい紙バンド加工が可能となりました。長い品質向上の道でしたが、一つ峠を越えたと思っています。兎屋は創業時の「目標」を実現する為にも引き続きこの道を辿ります。

兎屋は私(佐野)と家内の二人だけでやって来たので、生産設備もお金もない所からのスタートでした。という事は他社と同じではダメになるので、どうずれば生き残れるか?と考え抜いた末にたどり着いた「紙製品は原紙が命」を実践する為に製紙会社との関係構築に努めて来ました。その結果、四国の製紙会社と四国中央市の紙加工会社さん達との信頼関係が元となり、良い品質に繋がっています。

2015年から取り扱いを始めた静岡県産の紙バンドはどうか?と言うと正直に言いますが、当初は良くはありませんでした。しかし兎屋として関わった以上は、まず品質向上だと強く感じ、2015年と2016年・・・・たった2年とは言いながらも、何度も壁に当たり品質が向上しませんでした。そしてやっと2016年秋に品質の線をクリアしたと判断しました。兎屋で販売する静岡県産カラー紙バンドの売り切れが多かった理由はまさに、これだったのです。ご迷惑をお掛けしました。

兎屋紙バンドの品質が良好安定するのに10数年掛かっている事を考えれば、後発メーカーの紙バンド品質がたった2年である線まで到達出来たという事はすごい事です。兎屋も必死に応援しましたが、この結果は富士市の加工会社の社員さん達の努力の賜物だと考えます。

やっと「ある線をクリア」した兎屋が販売する「静岡県産紙バンド」は、商品在庫の充実を図りながら、暫くは安定を確認する期間が必要となります。2017年はたぶん?普通にご提供できるかと思っています。

因みに、「愛媛県産紙バンド」の方はと言うと、私が何も言わないのに先方さんから一方的な品質向上の提案が次々とあります。この数年この傾向です。これはうれしい事なのですが、実は私にはプレッシャーです。でも品質の良い手芸用紙バンドを提供するのが「目標」だった創業時の事を思うと、大変ありがたい事だと思っています。