兎屋で扱う手芸用紙バンドは産地別に2種類あり、兎屋メイン商品は断然!「兎屋 コレクションカラー紙バンド/愛媛県産」で、サブ商品として、安価な静岡県産「カラー紙バンド」も扱っています。という事で「兎屋コレクションカラー紙バンド」以外は、全て静岡県産という事です。まずここから説明に入ります。

一部ベトナム産紙バンドも流通していますが、こちらも静岡県の会社が企画製造しているモノで、静岡産と同じ雰囲気です。また、中国産?もあるよと言われるのですけど?私にはよくわからないです。

「兎屋 コレクションカラー紙バンド」は、①兎屋が企画し、②高知県の製紙会社に原紙を発注し、③愛媛県の紙加工会社で紙バンド製品にして貰う・・・・という流れです。そして、数ある手芸用紙バンドの中で、この②と③を実践している紙バンドは、唯一「兎屋 コレクションカラー紙バンド」だけとなっています。

 

なぜ?唯一なのか?・・・・・兎屋創業時は静岡県産紙バンドだけを販売していました。しかし、仕入れて売るだけの”バッタ屋”稼業では先がないと、早々に見切りをつけ、愛媛県の紙加工会社の門を叩いた2003年が「兎屋 コレクションカラー紙バンド」の始まりでした。しかし、手芸用紙バンド製造の経験がない加工屋会社さんは、手芸用紙バンドってなんだろう?求められる品質は?から入って行くしかなく、静岡県産紙バンドの扱いをやめていた兎屋の立場は(ここしかない!)と言う背水の陣でした。今でこそ誇らしげに唯一と言いますけど、当時は唯一頼るべき道だったのです。

愛媛県の紙加工会社さんは、先代社長時代の、昭和40年代に手芸用としてカラフルな紙バンドを販売していたそうです。紙バンドの詳しい話(4)項を参照下さい。

 

兎屋のお客さんのたーちゃんさんが、極細紙バンドの扱い方にアイデアを出して下さいました。まったく考えていなかったところだったのでビックリ!たーちゃんさんの許可を頂き、兎屋ブログに記事を転載させて頂きました。軽くて薄い極細紙バンド(ゴクボソ)は普通の紙バンドに比べて扱いが繊細なので、このアイデアは使えますよ。たーちゃんさんありがとうございます!!![ほうっ/]

たーちゃんさんのブログ→
 たーちゃんの*たのしいクラフトバンド*
の  2018年8月26日記事兎屋さん 極細紙バンド 2018-2 から

解くと、細くて薄いのでくるくる丸まるのでちょっと考えてみました。取り出し方の説明は毛糸のように内側から引き出していますが、外側からほどいています。100均のペン立て穴の大きさもちょうどよく、するすると絡まらずに出てきます。【写真、文章ともたーちゃんさんの記事から抜粋】

丸まっていると編みずらいですよね。添付されている説明にも癖を取る方法が載っていますが、アイロン(ウール使用程度)かけでも問題いありませんでした。四つ畳編みなどで腱鞘炎になりやすい私にとってびっくりするほど、編みやすく軽やかなんです。【写真、文章ともたーちゃんさんの記事から抜粋】

ゴクボソ開発中から、極細紙バンドの機能や品質に注力して来たので、どうしてもお客さんちへ届いてからの扱いについては、編む過程までの想像が限度でした。でもたーちゃんさんのような作り手さん達は、兎屋とはちがった視線で商品を見て下さり、さらに扱い方のアイデアを出して下さるので、ハッとするのです。ありがたい事です。

極細紙バンドは、兎屋と紙加工会社さんと、いつも相談に乗って頂いている「ひさままさん」の3者で3年以上取り組んで来た、全く新しい手芸用の紙バンドです。使用する原紙は、いつもの高知県産原紙です。←ここ大事。

思えば、2015年の暮れ? 挨拶を兼ねてお客さんちの遊びに行った時、ひょっと見るとその会社の社長の机の上に、それはありました。それが極細紙バンド(当然ですがまだ名前は無かったです)の試作品でした。

兎屋「おっ?!社長、これなんですか?」
社長「試してみたんですよ」
兎屋「いいじゃないですか!」
社長「なかなかうまく行かなくてねぇ」
兎屋「これ下さいよ。心当たりの方に渡します」
社長「全部いいよ、持って行って」
兎屋「これ手芸に行けますよ!返事します」
で年を越しました。それからいろいろあって・・・・

途中、ダメになりそうな時期もありましたが、去年の夏ごろからみんなの気合が入り始め、やっと完成したのです(万歳)

兎屋は手芸用紙バンドの専門ショップを営んでいますが、”紙バンド”と言うより、”紙製品”を作る!という考え方で取り組んでいます。なので、良い紙製品は、良質で加工に適した原紙探しからという事でスタートし、更に紙を工夫する事で、厳しい紙加工を乗り切る考えです。(極細紙バンドは見ただけで難しい紙加工が施されていると思って頂けると思います。)

その方針から、今回の極細紙バンドは生まれました。見た感じ、アレッ?これ知っているぞ!と思われるかも知れませんが、過去このような紙バンドはありませんでしたし、手芸用でもありませんでした。 ありそうでなかった紙素材が「極細紙バンド」となって商品化されています。どうぞ腕に自信のある手芸作家さん!お試しあれ。

 

2018年も顔料墨流し紙バンドを4パターン作ります。1%のガンスミマニアの方!楽しみにしていて下さい。

さて、この顔料墨流しは、前段のマーブル紙バンドの後を受け、2012年頃から取組み始めた紙バンドです。

試作は2回、思ったよりも良い出来栄えでした。

考え方としてはマーブルと同じく複雑な紙バンドを作りたいという気持ちでしたが、この頃は、こってりした風味を実現したいとの思いも加わっていました。そして、2012年に顔料墨流しの第1号を作り、続く2013年に2パターン作る事で自信を持ちましたが、兎屋の環境変化があった為に正式販売が出来ず、3年のブランクを経て、2016年秋にやっと顔料墨流しの発売にこぎつけました。

顔料墨流し紙バンドの第1特徴は、耐光性のある顔料で染めているという事です。一般のカラー紙は染料によるパルプ着色なので耐光性にバラつきがあり、青や緑・紫系は光による褪色が激しいのが欠点です。(但し、黒色だけは以前から顔料で色付けしています。)


2016年版の顔料墨流し紙バンド4パターン


2017年版顔料墨流し紙バンド4パターン
2016年から正式販売スタートした顔料墨流し紙バンドは、マーブル紙バンドと比較して高価な手芸用紙バンドとなっています。たぶん0.5%の方にしか買って貰えません・・・・と思っています。しかし、今後も紙バンド手芸が日本発の手芸として熟成されて行く為には、あたらしい素材を開発して行かなくてはならないと思っています。

兎屋としては紙バンド=紙製品という基本的な視点がブレないようにしながら、お客さん達がおもしろく思う手芸材料、そして作家さん達に訴えることが出来る?出来そうな?(本音を言うと手練れ・曲者の作家さん達に挑戦するのが楽しいのです)紙バンドをこれからも作って行く積りです。紙バンド手芸を楽しまれていると、きっと(あんな・こんな紙バンドがあればいいなぁ)と思われると思います。その時は、兎屋にお声掛け下さい。マジで取り組むかも知れませんよ!

↓この間、お店に来て下さった方が見せてくれた作品がこれです。材料は、この5月、久しぶりに作った兎屋のマーブル紙バンド(クリーム×紺)です。


マーブル紙バンドで編むと複雑に見えます。


試作のクリーム×紺と薄ざくら×梅

このマーブル紙バンドは10年振りに作った久しぶり製造だったので、今回は大事を見て「試作」段階を踏みながら、インクと紙の相性を確かめていました。なので少量しか作らず一般販売はしませんでしたが、インスタグラムで試作品の情報公開を行い、ご希望の方にはお分けしていたのです。(まだ少しあるので欲しい方は兎屋までご連絡ください)
<br/>
マーブル紙バンドは、普通のカラー紙バンドやストライプ紙バンドよりも手の込んだ紙バンドです。2018年現在、紙バンド手芸の歩みに合わせ、紙バンド材料も進化をしていますが、私が紙バンド手芸材料専門ショップ「兎屋」を始めた2002年頃は、単純なカラー紙バンドか、それらの糸を使ったストライプ紙バンドしかありませんでした。なのでもっと複雑な材料が欲しいと思い、作ったのがマーブル紙バンドで、取り組みスタートは2007年で、試作第1号は2008年の正月に出来ました。

まぁ初めてのマーブル紙バンドだったので反省点は多々ありましたが、喜んで下さる方は少ないけれど、少しは居て下さったのです。これはうれしかった!!


マーブル第一号は無難な茶色で作りました。


色がやさしいのがこのシリーズの特徴。

(手が込む)と言うのは=(経費が掛かる)=(値段が高くなる)という事ですが、少ロット生産で対応する事で、当時はなんとかマーブル紙バンドを作っていて、シリーズ的には8タイプのマーブル紙バンドを作りました。しかし、もっと複雑な紙バンドを作りたいと言う欲求が強くなり、顔料墨流し紙バンドへ舵を切ったのが2012年頃、初めて知った(墨流し?)って言う加工に紙を載せる為に、工場の周りをうろついていました(笑)

2018年2色目新色の発売です。名前は「グレージュ」?兎屋らしくないネーミングですし、しかもカタカタ表記です。

兎屋のスタートは2002年の5月で、その頃付き合いのあったデザイナー?見たいな方が「女性のお客さんが多いのなら、色の名前はひらがな表記が良いですよ」みたいな事をおっしゃっていて、そうだなぁ、ひらがなって女性文字だものねぇ・・・・という事で、赤ぶどう、ちょこ、あい、きゃらめる、から始まり、去年のおーるどろーず、まですべて兎屋コレクションカラーはひらがな表記でした、でも今回のグレージュはカタカナです。

実は今回の色は兎屋が考えた色ではなく、リクエストカラーなのです。昨年、兎屋と紙バンド加工会社さんとで何回か工場見学会を行いましたが、その時来られた方が、「こんな色出来ないでしょうか?名前はグレージュです」と言って下さった色見本が有りました。

グレージュ?聞いた事ないなぁ・・・・・・なんでも女性に人気のネイルの世界での人気色だそうです。まぁ人気が有るという事は「グレージュ」もいろいろで、青系だの緑系だのあるようです、なので「グレージュ」って決めつけるは難しいのですが、色はそれぞれの方の頭の中にあると思っているので、あえて「グレージュ」と名前を付けて見ました。

しかし何とも言えない雰囲気の紙バンドになったなぁと私でも不思議に思う色となっています。見本チップご希望の方は兎屋までご連絡ください。(紙バンドご注文時にその旨、連絡事項に書いて頂いてもOK、対応いたします)渋い色ですよ!

兎屋コレクションカラー紙バンドの色の話です。相変わらずこつこつ色を増やしています。時に色を減らす事(ごめんなさい)もありますが、基本的にはある程度まで色数を増やす積りです。2018年春も抄造タイミングに合わせて1色作って見ました。グレージュ色です。

このグレージュ色はある方のリクエストからスタートした色で、色見本を頂いた時から(おっ難しい色だぞ)と言う思いが有りました。でも私も気に入ったので作る方向で色作りを考え始めたのが昨年秋・・・・まぁ兎屋時間なのでゆっくりです。

で年明け、高知の製紙メーカーさんにお願いして手漉きで色合わせ・・・・まぁ色は合わんわな・・・・。

これは製紙メーカーさんのせいではありません。色のせいだと思っています。中間色は人それぞれのイメージ差が大きいので、まず伝えるのが難しいし、再現する方も悩むのです。そして手漉きで作った色見本を見せられても、まず合いません。しかし難しい事はわかっているので、あれこれ注文しづらいし・・・・


という事で、これで良いよと判断し、出来た原紙の色を見て、う~~~~んまぁえぃか。紙バンドにしたらまた化けるだろうと思っていました。そして今日!やっと四国から紙バンドがやって来ました。店に持って来て開けて見たら!!!おっこれは!すぐに浮かんだ感想はと言うと

渋っ!

なんか前の晩からいい感じに色が出ている予感はしていたんですよ。という事で、グレージュ色のご案内です。

2018年1発目FBです。昨年3色の兎屋コレクションカラー紙バンドを出しましたが、どの色も予想を上回る出来栄えで、「運」が良かったと思っています。これはいつも言っている事ですが、マジな話です。中間色は予想が出来ないのです。その為上手く行かない事もあり、本日(1/22)新色の態で販売開始した「わかたけ(若竹)」もそれです。厳密に言えば高知県の製紙会社の兄弟が「これはいかん!」と判断した色です。


年の初めにひっそりと、「新色の態」で販売を開始しましたが、色目を見てなるほど!と思われる方も多いと思います。 !これ、昨夏の新色「せいじ」の兄弟色と言うか?うまく出なかった色なのです。「せいじ」の兄弟言うたら「ジュニア」さんですね。ジュニア色は「せいじ」に比べて少し黄味がかっているというか?私的にはこれはこれなのですけど、「せいじ」と一緒販売は混乱すると思い、倉庫で眠らせていました。そして「せいじ」が売り切れたタイミングで、何度も言いますが「新色の態」で?販売を開始したという事です。

先ほど文中で・・・・高知県の製紙会社の兄弟が「これはいかん!」と判断した・・・・と書きましたが、高知県の異骨相兄弟は頑固なうえにすごく真面目で、私が「まぁ大体このような色の方向性で」とぬるく提示した色に合わない紙が出ると、いつも恐縮しています。そして「せいじ」の時はマシンを停めて掃除をし、パルプを入れ替えて再挑戦したというわけです。これって製紙会社的には大損ですし、まずありえない対応です!!


私はこの製紙兄弟の性質を知っているので、出来るだけ彼らにプレッシャーを掛けないように心がけていますが、根が真面目と言うか、変な事言いますが、スレた紙業界(いい意味で言えば熟成した業界・・・なのか?)で、今どきこの様な製紙会社は見当たらないと思って付き合っているので、彼らならこうなると予想はします。これっていい意味で土佐風なのかも知れません。

でも大丈夫。彼らも私の事をわかっているので、出来上がった「これはいかん」の紙も兎屋は無駄にせず紙バンドにして販売するだろう事を知っているのです。そして彼らの期待通り「新色の態で」本日からジュニアさんの色を販売します。名前は「わかたけ(若竹)」限定色です。見本チップご希望の方は御連絡下さい。

昨日工場見学に来て下さったEさん姉妹が、顔料墨流し紙バンド(瓶覗き色×山鳩色)で作った名刺入れをおみやげに下さいました。紙バンド手芸の材料ショップを営んでいますが、あまり作品を持ったことは無いので、普段から持ち歩ける名刺入れはありがたい。

瓶覗き色×山鳩色というコッテリとした色目ですが、紙で見た場合と、紙バンド製品の状態、そして石畳編みの作品になった状態、それぞれ色のイメージが違います。

今回別に昨年カラー(クリーム×ピンク)のも頂きました。うれしい事にお土産だけではなく、顔墨の色組み合わせのリクエストと、単色カラーのリクエストも頂いています。いや~いろいろ頂くと張合いが出ます。来春の兎屋コレクションカラー紙バンド製造時に参考にさせて頂こうと思っています。

2017秋に作った手芸用「兎屋コレクションカラー紙バンド」もいい感じです。アリガトウゴザイマス!

カラー紙バンドが色のあれこれで評価されるのは、カラー商品なので当たり前。しかし色は色で、それよりも紙バンドの品質が重要だと思っています。これは兎屋の基本姿勢で、その表れが「兎屋コレクションカラー紙バンド」です。簡単に言うと(品質>価格>色)となっています。まぁ一般的には(価格>色>品質)かな?


高知の奇跡の製紙会社:原紙の良さは製紙会社の姿勢の表れ、私が言う事はもうない

と!簡単に言いますが、これは兎屋だけで出来る事ではありません。これは品質重視で行こう!と思った2002年の兎屋創業時から気付いていて、わかってはいるけれど出来ない事ばかりでした。まず良い紙がない。マジで紙が無いのです!カラー紙バンドに使用する色原紙は昔から有るもので、カラーの紙テープ(コンサートや客船の出港の時に使っていたアレです)の紙と同じです。多少厚みなどが違うかもしれませんが、ほぼ同じ性質の紙。それが兎屋は気に食わない・・・・あぁアノ紙テープ原紙かぁ・・・・投げて捨てるヤツじゃん・・・・となるのです。

紙バンド手芸は日本発の楽しい手芸に絶対になる!と思って兎屋を創業したので、何かの流用は嫌でした。ちゃんとしたカラー紙バンド原紙が欲しい、無ければ作りたいと思っていました。でもリクエストに(心から)応えてくれる製紙会社が無い事は知っています。でも大丈夫。子供の生活環境を求めて偶然移住した高知県で私の希望に(心から)応えてくれる製紙会社を見つけましたからね。


愛媛の信頼の紙加工会社:私のいない所で高品質紙バンドを実現しようとチャレンジし続けている方達がいる

一方紙バンド加工の方はと言うと、これがまた渋い。「兎屋コレクションカラー紙バンド」は愛媛県四国中央市の紙加工会社さんで作って貰っていますが、まず社風がいい感じです。四国中央市(旧伊予三島市・旧川之江市・旧土居町・旧新宮村)は私の中では日本一の紙産業の町です。規模からすると静岡県富士市や富士宮市の方が紙産業規模としては大きいかもしれませんが、紙に関する内容が多岐に渡り、また天敵の大手製紙会社や強敵の静岡県製紙群に揉まれて来た歴史が有るので、とにかくまじめ気質な人達が紙に関わっています。これは断言出来ます。なので工場に入るとピリッとしています。でもこれは普通の風景、ここからチャレンジが始まるのです。

兎屋とお付き合い頂いて15年以上になりますが、まぁ苦労の連続でした。でも決して(こんなもんですよ)とは言わない。次はこうしよう、今度はこのやり方で・・・・が延々続きます。もちろん工場の景色も年々変わっていくので、数年前から私はもう工場に入らない事にし、その旨をその会社の社長に宣言したほどです。信頼関係を保つには大事な決断でしたし、この会社の努力は兎屋のモノじゃなくなっていると感じました。でもそれがいいのです。

奇跡の製紙会社/高知県と、信頼の紙加工会社/愛媛県。この2社のお蔭で「兎屋コレクションカラー紙バンド」が出来ています。そしてずっと兎屋を見守ってくれている四国中央市のT商事!・・・・・ありがたい事です。もちろん毎度の事ながら「兎屋コレクションカラー紙バンド」のファンの皆様にはとても感謝しています!!その為にも今の品質を保ちつつ期待に応えて行かねばと思うのです。(2017秋 兎屋佐野)