移住の  に  4

高知県幡多郡大月町の不動産物件を見た事がきっかけで、じゃあ試しに行ってみようと家族で神奈川県からやって来たのが2005年の暮れ12月29日~30日でした。しかし大月町へは時間の関係や長距離移動の疲れで行く事はなく、宿毛市、四万十市(旧中村市)を通りすがりに眺め、四万十川と河口に広がる海を見ただけで町...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 12:44 pm   commentComment [0] 

移住の  は  3


・・・ところが或る日・・・・・。2005年の秋?初冬?田舎物件サイトをあれこれ見ていました。いつものように信州八ヶ岳を中心に検索を掛けるから始まり、例えば北海道は?或いは東北は?などと他の地域に移住情報や不動産情報も眺めていました。実は長野県八ヶ岳周辺に移住した場合の仕事の方法の一つとして、兎屋紙...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 12:15 pm   commentComment [0] 

移住の  ろ  2

今回から兎屋一家が高知県幡多郡へたどり着いたまでの経緯を書いて行きます。一番初めに田舎暮らしをしたいと思ったのは、結婚して千葉県浦安市に住んで居た時です。オートバイで日本中走り回っていた頃から田舎の風景に憧れていましたし、どちらかと言うと海より山が好きでその証拠に大学進学で水産学部と林学部を選ぶ時、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 03:10 pm   commentComment [0] 

移住の  い  1


私達兎屋一家は2006年夏高知県へ移住したので、その体験を踏まえ移住について書こうと思っていました。【移住】・・・ 現代日本ではあまりなじみのない世界のように見えますが、実は近年他の土地へ移住する人が多くなっています。移住という言葉には大げさな雰囲気があるので、試しに「移住」を言葉検索して見ると・...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 01:36 pm   commentComment [0] 

宇和島市にて その3

宇和島は海の町なので魚料理がメインです。
刺身や練り物は当然いろいろあります。いろいろと言うのは字の如く、本当にいろいろな魚が水揚げされるという事です。マグロやカツオは揚がりませんし北方系の魚も当然見ませんが、暖かな黒潮が流れ込む豊後水道のお陰で、鯛やハマチ、アジ、サバ、ヒラメ、等白身や青味の魚の多...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 05:15 pm   commentComment [0] 

もうすぐ移住半年目

2006年7月末に移住したのだから
この1月末で移住半年になります。・・・て全然実感が湧きません!(まだ移住して来たばかりと言う様な気がしてる?)いえいえその逆です。(まだ半年しか経っていないのかぁ・・・)と言うのが実感です。そのように感じる位、幡多郡への溶け込みが早いという事と、毎日沢山の事が有っ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 08:22 pm   commentComment [0] 

新色発売のご案内

年が明けて連続で新色を2色発売致しました。
名前は もすぐれー と らっかせい です。もすぐれー:灰みどりを濃くし灰味を加えた色です。暖かい色目の灰みどりに比べ、一転して冷たいイメージの色になっています。色を合わせるのが難しい色だと思っていますので単色で大き目のバックなどを作ると際立つと思っています...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 02:50 pm   commentComment [0] 

宇和島市にて その2

奇跡的に残っていた赤松遊園地の風景に気を良くし、お腹もすいたので市内に入り車を駐車場に入れます。なんと駐車料金の安い事か!30分=50円です。駅前の一等地でこの値段、これなら何時間停めても安心です。という事で先ず駅に用足しに行き、ふとロビーを見ると「牛鬼:ウシオニ」がいます。「牛鬼」とはお祭りの山車...

このエントリーの続きを読む≫

 


— posted by 兎 at 01:33 pm   commentComment [8] 

宇和島市にて その1

12歳で生まれ故郷の愛媛県宇和島市から離れていった私は、46歳の去年7月、まさか故郷宇和島市から2時間程の距離に有る高知県幡多郡に引っ越して来るなんて夢にも思っていませんでした。
宇和島市~松山市~東京~大阪~東京~千葉~静岡~神奈川と引っ越しを重ね、その間にこまごまとした引越しも入れると、住所不定...

このエントリーの続きを読む≫

 


— posted by 兎 at 07:08 pm   commentComment [14] 

股旅(またたび)/市川昆監督

「バルトの楽園」に引き続きもう一本DVDを紹介致します。1973年製作東宝の時代劇、「股旅」です。私達の年代からもう少し上の年代の方達なら、「!」っと来るかと思います。市川昆監督が1972年から手掛けた「木枯らし紋次郎」(テレビドラマ)はヒットし、その後入れ替わり監督が替わったりシリーズが出来たりで...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 06:58 pm   commentComment [0] 

新色:もすぐれー

今年最初の新色です。更に渋めのぐれーです。「灰みどり」を濃い目にし、少し黒を加えています。「灰みどり」が暖かいイメージがするのに対し、「もすぐれー」は冷たい印象を受けます。あまり差し色を使わず、「もすぐれー」単色でシンプルなバックを作って見てください。ニスはつやだしを使い、出来れば薄く数回塗るとより...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 11:15 am   commentComment [0] 

バルトの楽園(ガクエン)

昨日は近所の葬式があり、家内と朝7:30からお手伝いに行ってまいりました。男は葬列の飾り物の製作と野辺送りの行列参加、女は料理の準備という事になっています。去年12月にも近所で葬式が有ったので今回はだいぶ慣れていました。田舎暮らしにとって地域の方達との交流は大切なものです。特に葬式は予定無く入って来...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 10:00 am   commentComment [0] 

竹林で考えた

本当は明日の日曜の予定でしたが、近所で葬式が行われる事になり今日になったのです。中3男子の要望で、ナマズ仕掛けを作るに必要な孟宗竹を採りに山に入る事になりました。引率は大家のM本さん。私も家内も小5男子(次男)も一緒に着いて行く事にしました。集合時間の朝9:00にM本さんちに行くと、まさか家族全員で...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 01:28 pm   commentComment [0] 

1月4日 閑

正月は3日までとも言いますし、松が取れるまでを正月だという人も居ます。中には小正月までが正月だと言い張る人もいますが、今日あたりから世間は動き始めています。いよいよ2007年、平成19年のスタートです。私も明日の兎屋営業開始を前に、事務所で数時間準備をしていました。さて毎年の事ですが正月休と言っても...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 05:06 pm   commentComment [0] 

謹賀新年 2007

 暮れの1週間、家内や子供達が家内の実家に帰って居たので、少々さびしい思いをしていました。しかし12月30日夕方遅くに戻り久しぶりで家族団らんをする事が出来、家族そろって大晦日~正月を過ごそうと思っていた矢先の31日朝、寒気を覚えながら起きたと思ったら、そのまま体調を崩してしまい、脱水症状になってし...

このエントリーの続きを読む≫


— posted by 兎 at 02:04 pm   commentComment [3] 

prev
2007.1
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

ジオターゲティング