T: Y: ALL:

移住の  よ 15


明けて5月5日(金)こどもの日:子供達、特に長男(毎早朝から深夜まで気が付いたら「家」の下を流れる小川にルアーを持って出かけていました)には名残惜しい高知県幡多郡ですが、今日は出発の日です。家族で大家さん宅へ行き、大家のM本さんとやさしいお母さんにお別れのご挨拶です。どうせ7月下旬には引っ越してく...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 12:13 pm   commentComment [0] 

(フサカサゴ科 カサゴ属 カサゴ目)・・・・関西では「がしら」

この一月ほど、長男は「がしら」釣りに凝っていました。というか漁港ではコレしか狙うものが無いらしいです。他の季節では外道で揚がって来ますが、この時期だけは沖の深場から産卵の為、浅瀬の岩礁やテトラに寄って来ます。因みにこの魚、卵生ではなく体生との事です。と、彼が言ってました。

   

— posted by 兎 at 10:13 pm   commentComment [0] 

移住の  か 14


「家」のなかにテントを張らせて頂き暖かく眠る事が出来ました。時々目が覚めると必ずふくろうの鳴き声を聞く事が出来ました。そして5月4日(木)の夜が明けました。朝から晴天です。玄関前のテーブルで朝食をしながら暫く朝の景色を眺めているとおもしろい光景に出会いました。クマバチがブンブン飛んでいます。観察し...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 05:30 pm   commentComment [0] 

移住の  わ 13


4月24日(月)の仕事は終わりました。住居修理等の手配と事務所予定地下見を終えて見ると大体の方向性が定まっていました。そこで役場のAさんとお別れしタクシーで四万十市へ向かいます。協議会のS原さんに報告をして置きたかったのです。もちろん午後お伺いする事はお伝えしています。S原さんはニコニコ顔で「本当...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 03:50 pm   commentComment [0] 

移住の  を 12


大家さんはすぐに温厚な方だとわかりました。(よかった~)私が何も言わないうちから「どうぞご自由にお使い下さい」の連発です。大家さんの「・・・・どうぞ・・・・」という言葉と独特な(高知県幡多郡的な)イントネーションが印象的な一日の始まりでした。例えば、「どうぞ」と言う場合、共通語的な発音だと、「どう...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 06:45 pm   commentComment [0] 

出張

約1週間の出張から帰って来ました。高知からの上京出張は3回目です。過去2回は車で行きましたが、今回は往復JRです。但し、朝一番の幡多郡発の特急に乗っても、東京着は14時を過ぎてしまいます。高知市で降りて飛行機に乗り換えても羽田経由で東京駅に着くのは13時台になってしまいます。13~14時あたりに東京...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 03:10 pm   commentComment [0] 

いとう□まゆみ作品追加。

いとうまゆみさんの新しい作品です。バレンタインデーを意識していますが、自由な発想で皆さんもお作りになって下さい。ホームページにも「いとうまゆみ・box」の特集をしています。 ・・・・:)

— posted by 兎 at 02:55 pm   commentComment [0] 

移住の  る 11


4月24日(月)「黒潮町雇用促進協議会」に入り協議会の方と暫くお話をしていると、黒潮町の担当の方がお見えになりました。名前はAさん、今日の段取りを打合せをして早速大家さんの待つ住居物件へ向かいました。車中でAさんが「・・・黒潮町にもっと人が増えるように移住を応援していますが、本来の仕事もあるのでな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 08:54 am   commentComment [0] 

移住の  ぬ 10


高知へ3回目(2005年、暮れの下見を含めて)の旅です。前日4月22日土曜日から東京都練馬区の友人夫婦のマンションに泊まりに来ていました。この夫婦、私の仕事の事を初めの頃から知っている仲間です。2001年春会社に辞表を出した時、当時住んでいた静岡県富士宮市から西武新宿線沿いの彼達夫婦の家に時々行き...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 05:58 pm   commentComment [0] 

移住の  り  9


 午後からのS原さんとの打合せの際、冒頭で午前中の黒潮町での出来事を報告させて頂きました。S原さんは「それはよかった!本当は四万十市に移住して貰いたいけど、佐野さんがよかったらそれでエイです。」と喜んで下さいました。まだ大家さんの意向もわからないし、事務所の事も全然なのですが、私としてはきっと行け...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 09:27 pm   commentComment [0] 

移住の  ち  8

翌13日は予定通り6:00に起床し松山から幡多郡へ4時間かけて向かい、先ず四万十市で遅いモーニングを頂きました。そして約束どおり11:00に土佐くろしお鉄道の土佐入野駅から歩いて1分の所に有る、「黒潮町雇用促進協議会」へ入りました。今日はあいにくの雨です。さっそく物件情報書類を見せて頂きながら、あわ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 06:46 pm   commentComment [0] 

移住の  と  7

S原さんと四万十市内へ向かう車の中で沢山お話をしました。移住協議会の取り組みの話から始まり、四万十市(旧中村市)の事、四万十川の事、四万十市を取り巻くいろいろな話から、お互いの仕事話や趣味の話、それに私が一番気にしている子供達の進路の話も聞いて頂きました。S原さんは今までいろんな土地で仕事をされて来...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 12:24 pm   commentComment [0] 

移住の  へ  6

 私達一家の場合、仕事ごと移住するので、住む為の住宅はもちろん、仕事用の事務所が必要になります。特に事務所は出来るだけ広いものを望んでいました。せっかく田舎に住むのだからという思いもありましたが、兎屋の商品在庫と管理に手間が掛かり困っていますと仕入会社さんから要望が出ていたので、それを解決しなければ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 03:59 pm   commentComment [0] 

移住の  ほ  5


高知県に移住する為にいろいろ考えたり、具体的な行動を取る為に行った事は、高知県の市町村及び県のホームページを見る事と地域の不動産屋さんのホームページを見る事からスタートしました。高知県に移住するといってもまだどこの町に決めた訳ではなく、ともすれば同じ四国でもいいじゃないかと仕事に便利な愛媛県四国中...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 11:58 am   commentComment [0] 

prev
2007.2
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 

ジオターゲティング