T: Y: ALL:

シマヘビ+家の中=× でしょ!

※「シマヘビ:しまへび」の写真掲載しています。「へび」が苦手な方は・・・・このエントリーの続きを読む≫・・・・・を開かない事をお勧めします。けっして悪い生き物では無いのですけどね。馬術部で忙しい長男(高1)が久しぶりに早く帰宅した日曜日(馬術部は土日祝日関係ありません)「たまにはハヤでも釣るかぁ」と...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 03:24 pm   commentComment [0] 

県道4号線

愛媛県宇和島市から高知県黒潮町までのルートは2つ考えられます。一つは豊後水道を見ながら走る国道56号線でバスやトラックも使うメインルートです。もう一つは宇和島東部の田園地帯を抜け四万十川に出てそのまま川に沿って下るルートで、四万十川沿いに一部狭い箇所がありますが、近年の四万十川ブームで県外車もよく走...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 12:09 pm   commentComment [0] 

のみけツーリング

のみけ:とは高知県で使われる言葉で飲み会の事です。この日は宇和島でのみけが有るので、ツーリングがてら参加しました。高知県へ移住し10ヶ月。仕事も軌道に乗り、子供達もなじんでいます。一方わたしも仕事以外の遊び人脈を構築したいと思って、いろいろな出会いをして来ましたが、どうやら方向が定まって来たようです...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 10:50 am   commentComment [0] 

100色 100色 100色

紙バンド手芸材料専門店「兎屋」を開業するに当たり、「①儲ける」という目標を達成する為に心がけている事があります。それは「②楽しいかどうか」と「③出来るだけ自分でやる」です。そして面白い事に、その方向でやっているとあまり儲ける事は出来ないとウスウス感じてもいます(笑)でもこの方法しか自分には出来ないと...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 03:36 pm   commentComment [0] 

新色あります。


兎屋は色で商売をさせて頂いていますので色のこだわりは当然ですが、こだわるが故にどうしようもないジレンマに陥る事が多々あります。兎屋を開業して今年で5年ですが、資金がゼロの所からスタートするに於いて、まず大きな壁となったのが仕入であります。いろいろ金策に走りどうにか集めた金でまず買うは原紙です。それ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 04:10 pm   commentComment [0] 

紙バンド製造開始。

月曜から愛媛県四国中央市で「兎屋紙バンド」の製造が始まりました。年に数回の製造で今回は主にリピート色の追加です。という事で、現在売り切れ中の「あか」と「まっ茶」も数日中に発売開始となります。※写真はさくら色の紙糸です。大きな原紙巻取りから糸を作り紙バンドにします。数ある紙製品の中でも「紙バンド」は紙...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 09:22 pm   commentComment [0] 

「らっきょう」の収穫

去年9月に植えたラッキョウの収穫お手伝いをしました。前回の植え付けは家族4人の参加でしたが、今回は長男が部活の為、私と家内と次男の3人です。高知県黒潮町は広い砂浜に沿ってラッキョウ畑が広がっています。連休が終わるとその畑は収穫シーズンを迎えます。ラッキョウの収穫は植え付けに比べて楽な作業ですが、実は...

このエントリーの続きを読む≫

   

— posted by 兎 at 09:27 pm   commentComment [0] 

親父の風景(有明海編)

昨日5月17日(木)無事高知県へ帰って来ました。余裕スケジュールの九州旅行で久しぶりに遊んだ実感を持つ事が出来ました。旅の話は手元に写真を焼いたDVDがまだ届いていないので後日改めますが、20年ぶりの佐賀県白石町(旧:有明町)の友人の家周りの風景は、今の日本では考えられないのですが、殆ど20年前と同...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 02:09 pm   commentComment [0] 

長崎県五島

折角九州に来たので、お客さんのお店を見に行く事にしました。

 

— posted by 兎 at 08:05 am   commentComment [0] 

麦秋(佐賀県杵島郡)

私がおとといからゴロゴロしてるN條君の家は、佐賀県杵島郡白石町、合併前までは有明町と呼ばれていた所です。ここ佐賀平野の南端、すぐ先は日本一潮の干潮差が有る有明海で、干潮時干潟は遠くまで続いています。その干潮差を利用し広い干潟を埋め立て農地に変える試みは、江戸期より始まり最近まで国のプロジェクトとして...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 07:01 pm   commentComment [0] 

九州11年ぶり

2007年5月11日(金)久しぶり九州へ向かいました。6時快晴の幡多郡黒潮町をオートバイで出発、40分後フェリーの出る宿毛市に到着、7:00出港のフェリーで3時間もすれば、大分県佐伯市に上陸です。番匠川をさかのぼり、国道10号(日向街道)で野津町、そこから国道502号で竹田市に向かいます。竹田市は滝...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 08:43 pm   commentComment [0] 

九州に行って来ます。

正月もゴールデンウィークも特に予定が無く、ダラダラ過ごしていたのと、本当は3月下旬に予定していた九州行きが、仕事のゴタゴタで延期になっていたので、天気が回復しつつあるこの時とばかり、急遽九州へ行く事にしました。目的は二つ、兎屋を開業して暫く土日関係無しの日々が続いていた頃、九州の友人が訪ねてくれ、い...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 07:50 pm   commentComment [0] 

ほたる と はしる

高知県幡多郡の我が家の近くには当然自然のままに蛍が飛んでいます。時期は今頃から梅雨にかけてですが、実は蛍の光りは秋ごろまで見えるんですよ。昨年秋の一夜、片側が土手になっている川の近くの道を家族で歩いていると土手の草むらに蛍の光りが見えたのです。始めは月の光りが露に反射してるのかと思いましたが、長男が...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 11:16 am   commentComment [0] 

幡多農業高校 馬術部説明会

連休中に幡多農業高校の馬術部では3回の行事がありました。一つは三原村で行われた「あげ馬」二つ目は四万十市で開催の「藤祭り公家行列」への参加、そして三つ目は部員父兄を招いての「馬術部説明会」です。何となく入部し辞めづらく成ってそのまま続けている長男ですが、3日も経つと不思議に辞めたいとは言わなくなり、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 03:26 pm   commentComment [0] 

Tシャツアート展 2007

高知県幡多郡黒潮町の入野の浜では、地元の砂浜美術館によって年一回「Tシャツアート展」が開催されます。去年の連休に移住下見で黒潮町にやって来た時も開催されていましたが、あまり興味も無かったので、浜に並んでいるTシャツ群を遠くに見ながら、子供達に堤防で釣りをさせていました。今年もたまたま海岸に来て見たら...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 07:07 pm   commentComment [0] 

四万十市 藤祭り

四万十市 藤祭り

— posted by 兎 at 10:25 pm   commentComment [0] 

黒尊川2007

(最後の清流:四万十川)のコピーがいつ頃考え出されたのか知りませんが、全国から四万十川を目指してやってくる人々の中に強烈に埋め込まれたコピーだという事は間違い無いでしょう。
しかし高知県の人なら殆どの人が「仁淀川の方がきれいやけん」と言います。残念ながら最近の四万十川の弱体化は目に余るようで、地元の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 06:47 pm   commentComment [0] 

幡多農業高校馬術部


移住前に私の心の中で長男の進学先を高知県立幡多農業高等学校の園芸システム科に決めていましたし、部活も馬術部に決めていました。私が勝手に決めていた事ですが、馬術部はおまけとしても、幡多農業高等学校へ進学する事については充分考え、家内や長男とも何回と無く話し合って来た結果で、その事はこの日記の他の箇所...

このエントリーの続きを読む≫


— posted by 兎 at 09:07 am   commentComment [2] 

prev
2007.5
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

ジオターゲティング