T: Y: ALL:

[ カテゴリー » 再生紙関係 ]

古紙が原料のため?

ここに来てまた一段と広がりを見せている「紙バンド手芸」、兎屋を始めた2002年頃は全く知られていない手芸分野でしたが、年毎に広がって行くのを実感しながら仕事をさせて貰っていますし、最近では紙バンド材料を販売するネットショップも増えています。様々な人が参入し、すそ野が広がると言う事はこの手芸が広がって...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 01:07 pm   commentComment [0] 

再生紙を謳う人達③

では現在再生紙の定義はどうなっているかと言うと、それは日本製紙連合会の資料で定められています。日本製紙連合会とは日本の名だたる製紙会社が会員となっている製紙業界の団体で、大手製紙会社を中心に我が国の紙業界に対し大きな影響力のある団体です。この団体の出す毎月の統計は公式数字となって様々な分野で活用され...

このエントリーの続きを読む≫

   

— posted by 兎 at 10:04 am   commentComment [0] 

再生紙を謳う人達②

昨日のブログで「再生紙について話題を振って来られる場合が多い」と書きました。この2月東京で初めてお会いした方も「再生紙ってよくわからない所がありますが・・・・」と切り出されました。(そうだろうなぁ、再生紙の意味したい所は読んで字の如くすぐに頭に浮かんでも、はやりのエコロジーと合わせて使う場合や、商売...

このエントリーの続きを読む≫

   

— posted by 兎 at 11:17 am   commentComment [0] 

再生紙を謳う人達①

「再生紙の事」をこの「紙バンド 兎屋 ブログ」に一番沢山書いたのが2008年です。2008年と言えば年始早々再生紙年賀はがきの偽装問題が取り上げられた年です。2009年は2回だけです。そして2010年5月になりましたが、(再生紙関係)カテゴリーでブログを書いた事はまだ有りません。因みに2007年はゼ...

このエントリーの続きを読む≫

   

— posted by 兎 at 10:39 am   commentComment [0] 

牛乳パック古紙

製紙原料にからむ話です。以前から兎屋としてお話している事ですが、兎屋の「くらふと紙バンド」と、「しろ紙バンド」は再生紙を使用していますと云うような話を幾度か書いていましたし、果してそれが合ってるのか私も分かりませんと云った事も何度かブログなどに書いて来ました。はっきり言える事は、兎屋のカラー紙バンド...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 04:07 pm   commentComment [0] 

再生紙+配合率で1セット

再生紙に定義無しと言う事が決まって1年になります。(製紙会社、特に大手製紙会社が集う日本製紙連合会が、再生紙の定義付けを断念して1年経ったと言う事です)という事は今、子供達に「再生紙ってどんな紙なの?」と訊ねられても答える根拠が無いという事です。何となく字の雰囲気で答える事は出来ますが、答えながら頭...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 11:49 am   commentComment [0] 

去年の今頃・・・・再生紙はどうなった?

去年(2008年 平成20年)の今頃は大手製紙会社(日本製紙による再生紙年賀はがきの古紙混入率偽装が発覚した時期で、その後大手製紙会社の古紙混入率が嘘であった事が次々にバレ、大手だけでなく中堅製紙会社までもが古紙混入率の偽装をしていた事がわかり、紙の世界に生きる者としてヤレヤレ・・・と力が抜けた年明...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 06:06 pm   commentComment [0] 

再生紙問題一息ですね。

古紙配合率の実数表示を了承 製紙連の検証委 日本製紙連合会は11日、外部の有識者らが古紙配合率偽装の再発防止策を検討する「古紙と環境検証委員会」を開き、再生紙の古紙配合率を実数で示すことを了承した。公正取引委員会と調整した上で正式決定し、7月1日から新たな表示方法による製造に入る。製品や包装に表示す...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 09:52 am   commentComment [0] 

非木材パルプの混入率

製紙各社、ケナフなど非木材でも配合率偽装 製紙各社がケナフなど非木材原料の配合率を10年以上前から偽装していたことが7日、経済産業省の調査で明らかになった。日本製紙は1994年から封筒用原紙でサトウキビ繊維でできたバガスの配合率を偽装。王子製紙子会社の王子特殊紙は95年から特殊印刷用紙のケナフ配合率...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 11:56 am   commentComment [0] 

再生紙の団体

偽装で「環境マーク」信頼崩れた?見合わせる自治体も環境に配慮した商品のお墨付きになってきた「エコマーク」などの信頼性が揺らいでいる。再生紙やインキ、プラスチックのメーカーで次々明るみに出た古紙配合率などの偽装で、ウソを追認した形になったため。エコマークでは偽装が判明した分野が認定商品全体の半分近くを...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 10:13 am   commentComment [0] 

再生紙の定義を作れませんでした。

製紙連が一律実配合率表示へ 古紙偽装問題で日本製紙連合会は、25日開いた古紙配合比率偽装を見直す検討委員会で、再生紙に「古紙パルプ○%」とする実数表示に加え、古紙配合率1%でも再生紙と認める段階表示との併用を推進した業界案を撤回、明確な実数表示に統一することを決めた。また、製紙業界が自ら「再生紙」を...

このエントリーの続きを読む≫

   


— posted by 兎 at 11:02 am   commentComment [2] 

再生紙はおいしいの?

「配合率1%は低すぎ」 再生紙問題で製紙連外部検証委 古紙配合率の偽装問題で、日本製紙連合会が外部有識者をメンバーに設置した検証委員会(委員長、大江礼三郎・東京農工大名誉教授)が21日開かれ、製紙業界側が15日にまとめた信頼回復策となる再生紙の定義の見直し素案を審議した。古紙の配合率が1%でも「再生...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 11:07 am   commentComment [0] 

1%でも再生紙・・・・・?

「古紙1%でも再生紙  製紙連が方針 配合4段階、マーク表示」 再生紙の古紙配合率偽装問題を受け、再発防止策を議論している日本製紙連合会(製紙連)の古紙配合率問題検討委員会は十五日、新たな配合率表示の素案をまとめた。四段階に区分した段階別表示と実数表示の二種類を併用する方針。消費者代表らで構成する「...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 11:36 am   commentComment [0] 

「再生紙 ブログ」 で検索したら・・・

最近 兎屋ブログへの訪問数が増えていて、? ! 試しに「再生紙 ブログ」で検索(グーグル)したところ、出ていました。 私が書いた「再生紙のこと」2008年1月21日の日記が出てくるので、これじゃあんまりだと思い、加筆訂正をしました。この際、日本製紙の再生年賀はがき騒動から始まって、今日まで思った事を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 12:04 pm   commentComment [0] 

再生紙問題・・・・兎屋の解釈

年明の紙業界はひっくり返っています。年賀状に端を発した再生紙問題・・・・・兎屋も紙製品(手芸用紙バンド)を扱っていますので、この際、昔から思っていた事や、日々のニュース、紙業界の仲間達との話から、再生紙について兎屋の解釈をして置きたいと思っています。尚、この問題は引き続き注目して行く積りです。それに...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 12:53 pm   commentComment [0] 

コピー用紙も・・・・ですよねぇ

この問題はこれから大きくなるでしょう。※日本製紙、古紙100%コピー紙も偽り※
再生紙年賀はがきに古い紙=古紙を1%から5%しか配合していなかった日本製紙が、「古紙100%」と銘打って製造していたコピー用紙の古紙の配合率を偽装し、実際には古紙100%ではなかったことが、JNNの調べで分かりました。環...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 12:10 am   commentComment [0] 

再生紙偽装?複雑です。

環境への配慮をうたって古紙を40%利用して作ることになっていた年賀はがきの一部で、実際には1~5%しか古紙が含まれていなかったことがわかった。日本郵政(東京都千代田区)などによると、はがき用の紙を納入した日本製紙(同)が品質を向上させるため無断で古紙の配合率を下げたという。問題となっているのは、昨年...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 06:30 pm   commentComment [0] 

再生紙を使用しているので・・・・?えっ!

或るお客さんからお問合せを頂きました。
家内が電話に出て、紙バンド手芸で作品を作る際のアレコレのご質問にお答えしていたのですが、その中に「紙バンドは再生紙を使用しているので汚れが有ってもご了承ください。と言うような意味の事が書いてあるサイトがあったのですが、兎屋さんもそうなんですか」とお訊ねになった...

このエントリーの続きを読む≫

 

— posted by 兎 at 05:38 pm   commentComment [0] 

新色 しろ 発売です。

地味に新色発売しました。地味ながら、この「しろ」を見てると、製紙業界の現状やそれを取り巻く有象無象のいろいろが頭に次々浮かんできます。・・・・深い・・・。この白は紙バンド原紙にする時に染料が入っているわけではなく、ただ元の紙がこのように白いというだけです。この白さはパルプのなせる業で、牛乳パックの加...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 03:54 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

再生紙の話(その9)

兎屋のカラー紙バンドがなぜ「100%再生パルプ、再生紙」から作られていないのかを、補足説明して置きます。紙バンド原紙の場合、クラフト紙バンド原紙と白紙バンド原紙とカラー紙バンド原紙の3種類ありますが、それらは四国や静岡地区の製紙地帯で、中小製紙メーカーで生産されています。静岡でも四国でもそれぞれ数社...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by 兎 at 05:18 pm   commentComment [0] 

prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

ジオターゲティング