T: Y: ALL:

100000・・・想う事

あと少しで 100000を越えます。
「兎屋」が唯一の紙バンド手芸材料専門店としてやってこれた事に感謝しています。そして明日にはホームページを開設していよいよ100000を超えることが出来ます。


この紙バンド手芸は元々梱包用の紙バンド・・・皆さんご存知のくらふと 13本を初めとして各種規格が有りますが、それらを使ってかなり前から行われていたようです。私が子供の頃には既に手芸用としてカラーバンドが登場しており、愛媛県川之江市(現:四国中央市)の紙バンド加工を行っている会社さんが自ら全国を回りながら販売活動をされていたようです。しかし一時期ブームとなりましたがその後あまり手芸として親しまれる事が少なくなり、わずかに梱包用のクラフトバンドを使いながら一部の方達で手芸として続けられていたようです。 (詳しい紙バンドの話はこちらLink


私が紙バンド専門店をスタートしたいきさつは、紙の販売店で営業をやっていた事と、その後、製紙会社に転職してそこでも営業をさせていただいた事がきっかけとなっています。それらの会社は夫々本社が愛媛県伊予三島市(現:四国中央市)と 静岡県富士宮市に有ったので、紙産地の四国地区と富士地区の状況について両地区とも詳しく知っていた事が大きな原動力となっています。また、支店時代に東京や大阪で仕事をしていた事も今の仕事を進めて行くにあたり役に立っています。夫々の地区で沢山の方々のご協力を頂きながら、紙の知識をフルに使ってこだわりの手芸用紙バンドを作ろうと思っています。


紙バンドの加工現場の事もそうですが、調色、パルプ、製紙、紙製品、加工全般、紙業界状況、再生紙現状、販売、など一応すべて抑えている事も紙バンドの専門店としてやっていく為には必要だと思っていますし、これから先さらにいろいろな業界の方達と一緒に仕事をさせて頂き、勉強をしつつ、お客様の為、紙バンドの為に前向きに活動して参ります。小さな店ですが、日本の伝統ワザを生かした産業を今に生かしながら、新しい場面を切り開いて行きたいと強く願っていますし、その為にも良い品を作って「兎屋」のお客様に喜んで頂ける製品作りをしなければと思ってます。


これからも「兎屋」をよろしくお願い致しますと共に、ぜひいろいろなご意見などお聞かせ頂けますようお願い申し上げます。


有難う御座いました。 兎 2005 9/27

— posted by 兎 at 04:34 pm   commentComment [0] 

この記事に対するコメント・トラックバック [0件]

Up1. ノジ — 2005/09/28@09:28:38

兎屋さんの益々のご発展と商売繁盛ならびにお客様のご健康を祈願しまして1本締めで御唱和願います。
『よぉ~ PAN!』
これからも頑張って下さい。
応援してます!

Owner Comment 兎  2005/09/28@12:46:40

おぉ・・・ ノジ君 コメントありがと。
お互いがんばろな! ところで「ランブルエンジニヤリング」いつ行く?
サイドバルブやパンヘッドが 待ってるよお~~ン ?;w)

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

prev
2005.9
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

ジオターゲティング