紙バンド手芸材料専門店「兎屋」店主のご挨拶

sano_500_250


紙バンド手芸ファンの皆様へ 「兎屋」の店主でございます。 1982年から紙業界で紙流通及び製紙営業のお仕事させて頂き、培った知識と経験をもとに2002年春、紙バンド手芸専門店「兎屋」を神奈川県藤沢市辻堂で始めました。

2006年7月~2013年1月の間は縁あって高知県黒潮町へ家族で移住し「兎屋」を展開。東京、大阪、静岡、神奈川、愛媛、高知を巡りながら、紙バンドの「次」を模索、たくさんの方のお力をお借りしながら工夫と実践で納得のいく「紙バンド手芸材料」を作るために取り組んで来ました。

2013年からは以前8年間住んでいた富士宮市のお隣、静岡県富士市へ 引っ越し、2015年夏からは静岡県沼津市に「兎屋」拠点を移し、新しいカタチで紙バンド手芸材料の企画・製造・販売に取り組んでいます。


紙バンド手芸の出会いから~「兎屋」スタートまで・・・・

1998年に初めて色とりどりの紙バンドを見た時、おっ!楽しい仕事!この仕事をしたい!と思いました。 その時の紙バンドは赤・緑・黄色・茶色・白・黒と言った一般的な色、どうせやるなら日本伝統色の色紙を抄いて紙バンドにしなくては!とすぐに上京し八重洲ブックセンターで色見本帳を購入し眺めていました。

当時は静岡県富士宮市の製紙会社社員でしたので社内で「紙バンド用のカラー原紙を抄きましょう」と提案しましたが、「ロットは?うちは4トン以上でないと抄けないよ」とのつまらない返事、そこで以前勤めていた紙代理店(愛媛県四国中央市)の仲間に相談し、小ロットでもカラー原紙が抄ける会社を紹介して貰いましたが、その直後勤めていた製紙会社を辞めました。2001年春のことです。

製紙会社は突然辞めたので仕事の当てはなく、生活の為に翌日からは農機具屋さんでのアルバイト生活でした。しかしアルバイトをしながら(!そうだ紙バンドの仕事をしたかったんだ)と言う事を思い出し、2002年神奈川県藤沢市辻堂新町のさびれたバス通りで紙バンド手芸専門店「兎屋」をスタートしたのです。 「兎屋」の由来は当時飼っていたうさぎに癒されていたので、兎屋としました。

名 前 : 佐野 晋司

出 身 : 愛媛県宇和島市      現住所 : 静岡県富士市

趣 味 : 散歩・読書・旅・オートバイ

ブログ : 「兎屋 ブログ」を書いています。

兎屋フェイスブック :「兎屋 フェイスブック」もどうぞご覧下さい。

コメントは受け付けていません。